東南アジア夜遊びブロガーたはらの2020年を振り返る

この記事では、

東南アジア夜遊びブロガーのたはらが、2020年の活動を総括し記事やツイートと共に振り返っていく。年末を前に、この未曾有の1年を記録に残すと共に、日本での生活で芽生えた正直な想いを綴っていきたい。

 

2020年、言うまでも無くコロナが世界中で猛威を振るい、海外ナンパ&夜遊びブロガーであるたはらは両翼を捥がれる形になった。当然、1年のほとんどを海外には行けなくなり、日本での活動を余儀なくされた。

多くの同ジャンルのブロガーやサイト運営者がそうであるのと同じく、コロナ流行後は「海外ナンパ」と「海外風俗」を主軸にする当サイト世界でなかよしのアクセスも激減し、やる気と方向性を少し失っていたのも事実である…。

涙😢

 

 

そんなアクセスも気持ちも停滞した中、日本に戻って来てからは「オトコ磨きラボ」というナンパ系サロンに加入したことが何よりの救いだった。

刺激の少ない日本で耐えず遊びの幅を広げることができたのも、サロン主催者のくすおさんゴッホさんはじめこのサロンの仲間に恵まれたからだと言える。記事後半では、詳しくこのラボでの活動の詳細や感想も交えていく。

そんな2020年の活動だが、詳しく月ごとに分けて振り返っていこう。参考となる記事も一緒に載せているのでこちらも読んでもらえれば幸いだ。

たはらYoutubeひっそり始めました。

実際のたはらのアポ音声動画、グダ崩し音声動画、直家成功LINE、海外風俗動画などを中心に公開中↓

【1〜2月】バリ島での年越し

2020年の始まりはバリ島だった。

ここ数年、年越しはタイで過ごしていたので、初めてのバリでの年明けとなる。

インドネシア国内外の観光客が溢れ、島中がお祭りムード。中心部の道路は1日中大渋滞、行きつけのクラブのLa favelaは長蛇の列で入場できないほど、と賑やかな年末年始を迎えることができた。

ちなみにインドネシアの別の島からバリへ旅行して来る女の子も多く、クラブもTinderもボーナスタイム。最高に楽しかった。

 

参考記事)

バリ在住ナンパ師がまとめる、どこよりも詳しいバリ島のクラブナンパ情報【2020最新情報】

 

バリはバンコクと大きく違い、有名な観光地といえども島なのでまだまだ田舎。日本人も少なく、海に山に、自然と戯れる時間が多かった。ナンパ活動も基本的には1人だった。

タイでのナンパは、このサイトでもよく登場してもらっていたビーンさんTKさん転生ぴよひこさんと一緒にやっていたが、バリではたはら1人で日々La Favelaやロスグリンゴスなどに繰り出して戦っていたのも新鮮で楽しかった。

 

また、2019年末のスラバヤ遠征ジョグジャカルタ遠征に続き、1月末はギリ島へ遠征。たはらの代名詞、キノコとの神秘的な出会いを果たした。前澤社長より先に月へ到達した。

参考記事)

誰も書かない本当のインドネシア、ギリ島旅行記

 

そして、「コロナ」という単語がニュースで少しずつ報じられるようになった2月後半、韓国での予定が入り一旦バリを離れることになる。

この時は、これが2020年最後の東南アジア滞在になるなんて知る由もなかった…

【2月〜3月】ニートmm氏と韓国・ソウル風俗遠征

2月からは、韓国のソウル風俗を中心に巡る旅へ出かけた。

韓国遠征は2回目だが、今回の相棒は熟女ブロガーのニートmm氏。

参考)http://jukujo-neet.xyz/

 

伝説の大乱行風俗を体験したり、梨泰院の街でニューハーフ調査したり、路上マッコリ&チャミスルでたはらが泥酔して木や標識に登りまくったり…様々な事件も生まれた。

【韓国・ソウル風俗】韓国按摩:宝島に再訪したらまたもや大当たりの韓国美女と遊べた件

 

冬の韓国は初めてだったが、グルメに、風俗に、ナンパに…ソウルを男2人で味わい尽くした。

しかしコロナが広がりを見せ、たはら達が日本に帰国する頃には入国制限の国も増え始めた。海外風俗&ナンパブロガーにも暗雲が立ち込めてきていた。でもこの時は、これが2020年最後の海外旅行になるとは思ってもいなかった…

梨泰院で暴れてた俺が後に、Netflixで「梨泰院クラス」を見て1日を過ごすことになるなんて予想もしていなかった。。

【4〜5月】日本へ。コロナによる停滞期

世界がそうであったように、コロナによる停滞期が始まった。まさに生活が一変したって感じ。この頃から活動やサイトの方の雲行きが明らかに怪しくなってくる…。

誰も海外に自由に行けない状態で「まあ、今これ書いたところで…」と思い止まり、サイトの更新も頻繁には出来なくなった。気持ちの問題でもあるけど。。

 

緊急事態宣言の期間は真面目に引きこもっていた。Netflixを見て過ごす毎日。アウトプットしようにもアウトプットするような行動も出来ないし、出力先も無いような状態だった。SEXも月に2回〜3回とかマジでそんなレベル。完全に気持ちも停滞しだした。

 

「日本、マジでつまらん…」

そう思ってた矢先、タイで会った以来のナンパ界の巨匠:ゴッホさんと再会。そこから徐々に日本での活動を再開することになる。ゴッホさんが運営する「オトコ磨きラボ」のメンバーとも合流させてもらい、光が少しずつ見えてきた。

【6月〜9月】オトコ磨きラボに加入し、福岡を中心に活動

コロナも少し落ち着いた夏、正式にオトコ磨きラボに加入。この時期から拠点を福岡に移し、自粛期間明けにナンパ活動も再開させた。

久々に日本でストナンしたり、ラボメンバーとのコミュニティナンパ(※詳細はラボ内で)などはもちろんのこと、特にBBQやホームパーティなどのイベントが楽しかった。楽しすぎた。

 

「日本がつまらない、日本に飽きた」と思っていたが、ラボでのイベントに参加することで、

「こんな遊びがあるのか…!」

と驚くことが多く、遊びの幅が大きく広がった。日本でも楽しくナンパでき、女の子との出会いの幅も質も大幅にアップした。

また、そのイベントでのラボ主催者のくすおさん、ゴッホさんのリーダーっぷり、オーガナイザーっぷりに感銘を受けてめちゃくちゃ学ぶことが多かった。これが背中で見せるリーダーか…と。ラボの福岡メンバーのやまさん、たきさんなどのメンバーに恵まれ、日々のストナンや、コミュニティナンパを謳歌し、路上で寝たり、解き放たれたように遊び、GETも量産し出す。

 

そして、東南アジアでのナンパを経験すると、日本でも確実に総合的なスキルがパワーアップしている実感を受け、「東南アジアマインド」を確立。

非モテに残された道として「東南アジアでモテて、日本でもモテる方法」を0からまとめたnoteを書き上げ、おかげさまで大好評頂いた。

同時に特典として、たはら個人のコミュニティも立ち上げ、現在50人近いメンバーが加入してくれている。即への流れや、コミュニティ限定のノウハウ、スクショ、写真や日常なども含めて少人数のコミュニティだからできる情報を公開している。

現在もこのコミュニティ参加特典を復活させているので、たはらと個人的にやりとりをしたい人、質問がある人は下記から参加してみてほしい↓↓

 

夏はテンションが高かった。楽しかった。「日本楽しい」そう思っていた。

【10月〜】冬、到来。

10月、日本でのラボ活動の集大成として、たはらがBBQを主催。

男女20人規模のビーチBBQパーティを組み、くすおさん、ゴッホさん憧れがあるたはらは監督に徹して、最後は2次会でゴールを決めることができた。会自体も大成功に終わったと思う。

 

またハロウィンでは、たきさんと一緒にとある発明をして、ハロウィンナンパで無双した。カオス極めるあの中で、40バンゲ祭りを果たした。

コスプレが当然のハロウィンで目立てて、逆ナンが来まくる方法を確立させ、過去最高の結果を出せた。ハロウィンはじめ他イベントであなたも活躍できるはずなので、今年上手くいかなかった、何の仮装か迷った人は参考にしてみてほしい↓

 

 

だがしかし、このハロウィンを最後に、徐々に徐々に気持ちが落ち込んでくる。

気づけば、半袖半ズボンでは厳しい季節になっており、敵である長袖に袖を通すことになる。。東南アジア夜遊びブロガーの名前が廃る。

さらに、コロナのはやり始めの「2020年の末ぐらいには海外いけるっしょ!」という目論見が甘いことに気づき、日本で冬を越さなければならない現実を前に、絶望の季節が訪れた。というか、普通の日本人が普通の顔して日本で生きてることに改めて違和感を覚える。こんなに寒い寒い言って絶望しているのが自分だけだと気づく。

一切先の見えないコロナの状況と、冬の訪れに完全に気持ちがまた停滞し出す。。

 

ここでようやく気づいた。

やっぱり俺は日本が無理。海外、いや…常夏の国にずっといたい。

こんな生活になってわかったこと

ということで、こんな2020年のたはらの夜遊び活動だったが、コロナで日本から出られない状況を強いられ、改めて強く思ったことがある。ちょっとその辺を掘り下げていこう。

日本が無理、寒さが無理

改めて思ったことランキング1位はやっぱりこれ。海外、それも暖かい国にいたい。これが今の一番の願い。

タイ・サムイ島、ボプットビーチ)

こうやって写真見るだけでも涙が出そうになる。

確かに、こう振り返って見ると日本でも海外と変わらず暴れていた印象だが、実際コロナ抜きで考えても日本って楽しくて暖かい時期がちょっとしかない。

いや、季節とか気温とか天気とかってめちゃくちゃ当たり前だしこんな単純なこと言ってる人は少ないけど、自分にとって気温でめちゃくちゃ気持ちが左右されると気づいた。やっぱり、朝起きて半袖半ズボンのまま外に出たり、夜風に吹かれながら外で飲んだりがしたい。夏、暑い時の自分が一番輝いている。

(ハノイ・旧市街)

もちろん、日本での活動も楽しいけど、どうしても暖かい時期が短いし、開放感も足らない。一度東南アジアを知ると、日本じゃ刺激が物足りなすぎる。今年はコロナという理由もあるが、日本だと開放感が足りていない。

 

日本で海外風俗ブロガーのJOJOさんとよく遊んだりしていたが、JOJOさんは特に日本の生活でストレスが溜まるわけではなく、行く時にドカっと行けば満足できるタイプらしい。そう考えると自分は生粋の海外ナンパ&風俗ブロガーなんだろうな、と。

そう言えば、

「日本は長くても3ヶ月しか夏がないから、12ヶ月ずっと夏の国に行けば人生4倍楽しくなるかも」

って思って海外へ出たことを思い出した。実際に常夏の国に移住したら4倍以上楽しくなったけど。

つまり、東南アジア基準で考えたら、3ヶ月しか夏がない日本の生活は自分にとって楽しさが4分の1。そりゃ落ち込むよね。

 

日本で生活してる人の中でも、気づかぬ間にこの寒さと閉塞感を我慢してる人は、ぜひコロナ明け海外を目指して欲しい。そういう人にとっては、モテとかも含め、海外はめちゃくちゃおすすめ。あなたの居場所は日本ではないのかもしれない。

特に東南アジアへ移住するノウハウや、生活する上でのヒント、たはらの実体験やモテについては下記のnoteにまとめている。note購入者限定で個人的な質問も受け付けている。

オトコ磨きラボがマジで強い

寒いの大嫌い、日本では憂鬱な生活を送っていたたはらだが、もちろん大きな収穫もあった。唯一良かった点は、オトコ磨きラボでの活動。改めて、幸いオトコ磨きラボに入って良かったと実感。もし入ってなかったら、男女問わず出会いがほとんどなかっただろう。恐ろしい。

正直、日本でも耐えず街へ出て、GETを続けられたのもこのサロンでの活動とメンバーに恵まれたおかげだった。この日本期間でネトナン除いた即の90%以上は、ラボメンと出撃したりラボのイベントで生まれた即だった。

月額3800円の有料のオンラインサロンだが、自信を持っておすすめしたい。

自分のように、日本の生活で刺激が足りなくなった元海外勢はもちろん、限界を感じ始めた中級者、全く仲間がいない初心者にとっては、かなり得る物大きいと思う。

注意

※なお月初めの更新になっているため、毎月初めに加入する方がお得。正直、年末の今加入するのはもったいない。

※ただ、毎月人気で枠がすぐに満員となるので、なるべく年明け、月初めに早めに加入することをおすすめする。

オトコ磨きラボ詳細&加入はこちらから↓↓

オトコ磨きラボに加入

 

2020年たはらまとめ記事のまとめ

ここまで2020年の活動と、そこで改めて芽生えた想いを書き綴ってきた。

どちらかというと停滞モードだった活動と当サイトだが、記事も結構貯めているのでご安心を。ちゃんと力入れていきます。然るべきタイミングで更新していくので楽しみに待っててください。

 

また、この日本滞在期間で仲良くしてくれた日本でのメンバーとは、ぜひ海外遠征に一緒に行きたい。

確かに日本でもたはらは基本テンション高いしノリ系のナンパばかりの印象を持ってる人が多いと思うが、本当の自分は海外にしかいない。その来るべき日を楽しみに2021年も面白い情報をお届けできれば幸いだ。

海外ナンパでも、海外風俗でも、今度はたはらのホームのタイ始め東南アジアで一緒に暴れよう。

2020年もありがとうございました。2021年もよろしくお願いします。

 

たはらYoutubeひっそり始めました。

実際のたはらのアポ音声動画、グダ崩し音声動画、直家成功LINE、海外風俗動画などを中心に公開中↓

2 COMMENTS

たはら

まさかのコメントでの登場w
また行きましょ
チーズナチョス食べて大乱行しましょう

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。