日本でモテたいけどモテないあなたへ「自分がモテる国に行く」というソリューションの提案

この記事では、

モテたくてモテたくて仕方がないけど、どうしても日本でモテないあなたに向けて、

「自分がモテる国に行く」

「海外ナンパ」

という選択肢を紹介すべく、バンコク在住ナンパ師たはら(@tahataha4646)が、自身の海外ナンパ、海外移住の経験から、

「モテない人がモテるために海外に行く理由」をまとめていきたいと思う。

このまま日本で一生モテない人生を送るか、自分がモテる場所を探し、海外でモテる人生を送るか、あと5分だけ時間をください。この記事を読んでみてください。もしかしたらその岐路はかもしれない。

日本でモテないけど海外でモテたい!タイでナンパをしたい!

そう思うあなたはもタイ語を少しでも話したい!と思う方はこの勉強法を試してほしい。

note.mu

モテない人に海外をオススメする理由

日本にいても「急にモテる」ことはまず無い

今この記事を読もうと思ってくださった方の中には、

・モテたい

・セックスしたい

正直に言えば、このようなシンプルな共通した願望がある方だと思う。

 

近年、ナンパや恋愛工学が日本で流行り、モテ方や女性を抱く方法がある程度一般化してきている。

とはいえ、ナンパや恋愛工学は小手先的のテクニック的な部分が大きく、たはら自身ナンパ界隈を見てきてナンパは「モテる人はさらにモテて、モテない人は膨大な勇気や努力があればややモテるようになる」というのが実際のところ。

大多数の人にとって、ナンパを知っても日本でナンパする勇気もないし、ナンパを通して急に&大幅にモテるようになることはない。

成人男性が日本で急にモテるため方法は、

・お金持ちになる

・整形する

という現実的ではない選択肢しかない。ある程度大人になるまでにモテ度は決まってくる。

モテない人はモテないままだし、モテたとしてもゆるやかに少しずつしか変わってこない。日本で頑張ってナンパをしたとしても、大幅にモテ度が変わることは珍しい。

海外では今までの「モテない理由」が全て吹っ飛ぶ

そもそも、モテない人がモテないたらしめていた理由はなんだろうか。

おそらく、

A.ルックス面

B.コミュニケーション面

このいずれか、もしくはどちらもに何らかの問題があるからではないだろうか。

しかし、海外に出ると、いや、海外に出るだけでこの2つの理由がぶっ飛ぶ。詳しく説明する。

A.ルックスが悪いなんて、誰が決めた?

自分はブサイクだから、ルックスが悪いから、とお嘆きのあなたに一つ聞きたい。

その「ルックスが悪い」というのは誰が決めたことなのだろう。

確かに、あなたは日本に生まれ、日本の文化の中で育ち、日本という環境の中で周りと比べ、自身を「ルックスが悪い」と評価しているのかも知れない。

ただ一つ、あなたに伝えたいことは、日本の美の基準と海外の美の基準は、大きく異なるということだ。「ブサイク」という評価は、今のところあくまで「国内評価」に過ぎない。

 

海外に住むと、美の基準が全然違うことが分かる。

(我々から見て)ブサイクな男性と、(我々から見て)美しい外国人女性のカップルなんてもう当たり前のようにいる。その逆もしかり。

日本で「ブサイク日本人女性ととイケメン白人外国人男性のカップル」をよく見るだろうが、

もちろんイケメン白人男性本人にとって、ブサイク日本人女性をブサイクとして付き合っているわけじゃない。当然。

「自分はブスと付き合っているなぁ」なんて思って付き合っているわけではなく、美の基準が異なる外国人男性から見て、魅力的に見えるから日本で言うブサイクな日本人女性と付き合っているだけなのだ。

 

さらに、顔だけでなく、体型的なマイナス点も海外だと必ずしもマイナスに働かない。

男性の方が身長が低いカップルなんて海外では普通のことだし、男が太っていると余裕があって見えたり、お金があるように見える。

 

つまり、「自分のルックス」というものは世界中絶対的なものではない。

あなたのルックスは、あくまで日本人女性に刺さらなかっただけではないだろうか?

地球のどこかのまだ見ぬ誰かに、あなたはきっと刺さる。

B.トークのコミュニケーションが苦手な人は世界で輝ける。ロジカルよりフィジカル。

 

この見出しを見て、

海外に出るんだから、日本よりコミュニケーション能力、言語力は必要なんじゃないの?

と思う人がいるかもしれない。

確かに海外で生活していく上で、コミュニケーション能力、言語力は大いに必要だ。

 

ただ、モテるため・セックスするための会話という意味では、「日本語ネイティブ同士の会話」より、間違いなくトーク力は必要がない。どういうことか、もう少し詳しく説明しよう。

前提として、

日本で日本人同士がセックスに至るプロセスと、

海外で日本人が外国人とセックスに至るプロセスは異なる。

【日本で日本人同士がセックスに至る場合】

お互いに日本語ネイティブ同士だからこそ、話す言葉の100%が理解される。

つまり、ナンパ用語で言うところの「グダ崩し」や、「理屈」めいた部分で、相手がセックスしない理由を消し、セックスする理由を納得させるなど、論理的なコミュニケーションに依ってSEXに至る場合が多い。

→論理的に自身の魅力を伝える必要がある。

「コミュニケーションが苦手で日本でモテなかった」と考える今日までのあなたは、その「グダ崩し」などと言った論理的なクロージングが苦手だったのではないだろうか?

【海外で日本人が外国人とセックスに至る場合】

しかし、海外にフィールドを移せば、その苦手は一気に取り除かれる。

その理由は、あなたが「ネイティブスピーカー」で無くなることで、SEXに至るコミュニケーションの大部分がロジカルでなく、

・フィジカル(身体的な魅力)

 

・フィーリング(感覚的な魅力)

に頼るように変わるからだ。

その理由は、お互いがネイティブ同士でない場合、論理的に自分の魅力を伝えたり、理詰めでグダを崩そうとしても、残念ながら多くの部分は理解されないことが多い。少なくとも日本人同士よりは。

それよりも、単純に「SEXしてもいい」とフィジカルやフィーリングに訴えかければいいのだ。そこに言語力は必要ない。

ピカチュウナンパの賛否

昔、アメリカ人ナンパ師のジュリアン・ブランクという人が、

「ピカチュウって言っていれば日本の女とセックスできる」

といった内容のナンパセミナーをして炎上した。

アメリカのナンパの伝道師・ジュリアンブランク「日本人女性ならピカチュウと言ってれば簡単に落とせる」→批判殺到→謝罪www(セミナー動画・画像あり) : NEWSまとめもりー|2chまとめブログ

当時、日本にいた私たはら(@tahataha4646)は、

「日本のナンパはそんな簡単じゃねえよ」

「日本人を馬鹿にすんなよ」

と思っていた。

事実、差別的な発言でもあり批判も多く、炎上すべき事件ではあるものの、海外ナンパ経験を踏まえてかなり譲歩してよく考えてみると、納得できる部分もある。

というのも、 実際、

日本語ネイティブでない外国人男性が、日本人女子相手に英語で理論立てて必死にトークで落とそうとしても、その英語や理屈やユーモアを100%理解できる日本人女子なんて日本にほぼいないわけで、

極端に言えば「ピカチュウ」って言っている方が「この人面白そう」って思わせれるし、それでもってそこそこカッコよかったり、楽しそうって思わせれさえすれば、ナンパは成功する。まさにこれがフィジカルかフィーリングに訴えかけるというやつ。

たはらの経験上、言語レベルがほぼネイティブレベル同士でない限り、タイでも英語やタイ語で上手いことを言おうとしたり、理詰めでグダを崩そうとしても、ゲットに結びつかない。

外国人が現地人をナンパするケースならピカチュウナンパは深いし、正しい部分はある。

「面白そう」「なんかいいかも」って思わせる方が、理詰めのトークより強い。

海外ではあなたが苦手とするロジカルでなく、フィジカルや、フィーリングで主に戦うことができるのだ。あなたが日本で苦戦していた「理屈」の部分は省略される。

まとめ:日本で地味に頑張るより、パスポートを持って海外へ

ここまでモテない人へ海外をオススメする理由を紹介してきた。

要するに、

・日本と海外ではモテの基準が大きく違う

 

・日本でモテないだけで、地球上でモテないワケではない

 

・トークが苦手でも、海外ではトーク以外の要素で採点されることが多い

たまたま日本に生まれて、たまたま日本のモテの基準でモテなかっただけで、一生モテない人生を歩むなんて悲しすぎる。

パスポートを持って海外に行き「モテる国を探す」ことで、悩みは一瞬で解決される。

また、海外では日本でモテなかった今までの自分を捨て去り、恥ずかしさを捨てられるのだ、人格を変えれるのだ。周りに誰もいないし、日本のあなたは忘れられる。一発逆転のチャンスは世界にある。

「モテる国」タイという一例を紹介

ここからは具体的にたはら(@tahataha4646)が住むタイという例が、「いかにモテる可能性にあふれているか」を紹介していく。

これを読んで「自分がモテる国」の選択肢の一つに加えてみてほしい。

日本人=白い 白い=モテる

先程、「美の基準が異なる」と書いたが、タイの場合それがよく分かる。

というのは、タイでの美醜の基準は、目の大きさでも、鼻の高さでも、顔の小ささでも、背の高さでも、足の速さでもない。

タイでの絶対的な美醜の基準は、肌が「白い」ことだ。何よりもまず「白さ」がモテる基準になっている。まさにこれが日本の美の基準と海外の美の基準が異なる一例だろう。

 

タイ人から見て、肌が「白い」とされる日本人は、日本人であるだけで、もう、もれなくルックスの審査には通っている。

あなたが日本人である。それだけで日本では全然モテないあなたにも可能性は秘められている。日本のパスポートを持ってタイに来る、はい、これだけで、モテる可能性が大いにあるのだ。

トークが必要ない?!タイ人は感情の生き物

タイ人は「感情の生き物」だ。詳しくはこの記事を読んでほしい。

騎乗位から考えるタイ人女性と日本人女性のセックスの特徴

このように感情で生きるタイ人女性とセックスするためには、理論勝負を挑んでも意味がない。

「海外ではロジカルでなくフィジカル、フィーリング」と上述したが、タイ語が公用語であるタイ人にとって、英語は日本人にとって同様外国語だ。

タイで英語を使ってコミュニケーションとる場合、理屈めいたグダ崩しやトーク力そのものはセックスにそう大きく関係がない。むしろ大事なのは外見的にカッコいい、や「なんとなく」フィーリングで良いなと思わせる部分。

「全てを理解し、理屈を納得した上でSEXをする日本人同士」とは違い、分かりやすい言葉で感情に訴えかけ、相手になんとなくでも「SEXしていいや」と思わせたら、勝ち。

この辺りは実際に海外ナンパをしてみないと実感するのが難しいかもしれない。いくら説明しても信じてくれないかも知れないが、ぜひタイへ来て実感してみてほしい。

モテる母数を増やせる唯一無二の国=レディボーイという選択肢が増える

さらにもう一つ踏み込んで発想を転換させてみよう。

あなたはこれまで「女性」にモテなかっただけではないだろうか?

タイには女性の他にもう一つ選択肢がある。それは、レディボーイだ。

このブログでは何度も紹介してきたが、タイ、バンコクには女性より美しいレディボーイがたくさんいる。レディボーイのナンパ方法の独自のノウハウも公開してきた。

参考)

レディボーイもナンパしよう!素人レディボーイとタイでSEXする方法

 

タイのレディボーイについて、レディボーイナンパ師たはらが真剣にオススメ情報をまとめてみる

女性にモテないあなたでも、レディボーイにモテることは大いにあり得る。純粋に「モテたい対象を増やす」というシンプルなソリューションが選択できる。

性の対象として、女性の他にレディボーイが増えれば、単純にモテるチャンスも倍に増えていく。国が変わればモテる基準は変わるし、性が変わってももちろんモテる基準は変わる。あなたの評価も変わる。夢は広がる。

レディボーイに関してはこれの記事をじっくり読み込んでほしい。この選択肢が増えれば、夢は大きく広がる。

タイ人女性に刺さる、「日本人ブランド」

微笑みの国ここタイランドでは、見知らぬ旅行者のあなたを笑顔で受け入れてくれる。タイ人は非常にウェルカムだ。

ナンパでも、オープン率が非常に高い。ガンシカなんて存在しない。正直、バンゲはアホほど簡単だ。実際に声をかけてみてもらえれば分かるが、面白いようにバンゲができる。

参考)

タイ・バンコクのストナン、クラブナンパ、ネトナンをタイナンパ師が概観する

もちろん、個々の魅力に左右される部分もあるが、日本からタイに渡った先人たちが作った「日本人」への信用と評判も大きく背中を押してくれている。

タイ人女性にとって、勤勉で真面目なイメージの日本人は、怠け者で働かない悪いイメージのタイ人男性と正反対に位置する。印象はとても良い。近年落ちてきたとは言え、それだけ日本人というブランドはまだまだタイで通用する。

日本に住んでいたら、「日本人である」だけでモテることなんてもちろん無い。でも、タイならそれだけで一役乗っかるのだ。

まとめ:モテない奴が海外に行くことは逃げじゃない、大いなる選択だ

これまで長々と「自分がモテる国に行く」というモテなくて悩むあなたへのソリューションについて説明してきた。そして一例として、たはらが在住しているタイを紹介した。

特にタイナンパに至ってはこのサイトに詳しくノウハウや戦略を書いてきたので、是非参考にしてほしい。

バンコク在住ナンパ師が語る、3泊4日のタイ旅行で素人タイ人をナンパしてSEXする方法【完全保存版】

ただ、人によってはタイでもモテない人もいるだろう。

だがしかし、きちんとこのことを頭に入れてほしい。

その人は世界でモテないのでない。「日本とタイで」モテないだけだ。

 

じゃあそういう人はどうすれば良いのか?

何度も主張したが、モテの基準は国によって大きく異なる。もう答えはわかるだろう。

日本とタイ以外の国に行けばいいだけだ。

1万円払えばLCCで海外に行ける、こんな時代に生まれたのに海外に行かないなんてのは、どこでもドアを持ってるのにどこにも行かないようなものだ。1万円で世界に行ける平成の日本に生まれて、世界に行かないのは本当に本当にもったいない。

海外に行くことは、逃げじゃない、選択だ。

何をしてもモテない君でも、モテる場所はきっと世界中のどこかにある。とにかく来てみてほしい。可能性は、世界のどこかに眠っている。今すぐパスポートを持って、世界に出よう。

モテは待っていてもやって来ない。

モテに行こう、世界へ。

 

タイではネトナン、Tinderが1番モテる可能性を味わえるかも知れない。本気でタイに来たいという方は、このnoteも読んでみてほしい↓

少なくとも、日本よりかは間違いなくモテます。

note.mu

 

タイでナンパをしたい、そのためにもタイ語を少しでも話したい!と思う方はこの勉強法を試してほしい。

note.mu

 

6 Comments

tahara

たはらです
コメントありがとうございます。
ぜひ、その勇気を胸に海外へお越しください!!!

返信する
すなけん

はじめまして、バンコクの夜遊び大好きです。オブセッションもw

地黒と仕事とかで、日焼けしてかなり、黒いですが、タイでは超絶不利という事でしょうか? 白く化粧なんて、無理ですよね?^^;

返信する
tahara

すなけんさん
コメントありがとうございます。たはらです。オブセッション最高ですよねww

ご質問頂いた件ですが、一言で言えば地黒+日焼けは、不利に働くことは間違いないと思います。ストレートで申し訳ありません。。
本気で狙いにいくのであれば、化粧等で白く見せる方法はあると思いますしそれをする価値はあるかと思います(不自然で無い範囲で!)

返信する
すなけん

返信ありがとうございます。

taharaさんの、レディーボーイの良さを知り、女性の、良さが深まるみたいな記事大変共感を、覚えますw それと、ストナン、日本でも、獲れてるのに、タイでするなんて、
本当に尊敬致しますm(_ _)m

今度のタイ旅行、ナチュラルに化粧してみますw ありがとうございました( ^ω^ )

返信する
tahara

ありがとうございます。
嬉しい感想頂けてこちらこそ幸いです。
また海外は海外の良さがあるので、その魅力についてはもっと発信できればいいなと思います。
タイ旅行、楽しまれてくださいね!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です