タイ・バンコクナンパ概論【ストリート編】

タイと日本のストリートは、似ているようで違う。

基礎編でも書いたように、日本のストと同じ展開を持ち出すと、ある壁にぶち当たると思う。そこで、この記事では、

タイのストリートにおける注意点、ポイントをより具体的に書いていこうと思う。

声掛けについて

タイでは本当にバンゲは簡単だ。日本でナンパをしている人は、逆にびっくりするほどだと思う。しかも、オープナーを凝る必要も無い。 英語も通じるので、

ハロー、give me LINE ID?

こんなレベルの声掛けでも、バンゲさせてくれるだろう。

しかし、本当の問題はそこからなのだ。基礎編でも書いたように、バンコクでのストからの即は、日本より大分難しい。ラブホなんて当然無いし、カラオケも無い。基本的に二人きりになれる連れ出しスポットは無いと考えていいだろう。

また、ストリートで歩いている一般的なタイ人はド即率がめちゃくちゃ低い。一定数の「絶対にセックスをしない層」が存在することに加え、そもそもタイでは、処女信仰が未だに根強く残っている。さらに、小さい頃からブッタの教えとして、または母親、祖母から、「セックスは悪いこと、してはいけないこと」といった教育を受けている。仏や親の意見が絶対だから、周りがどうであれ、そもそもセックスをしないのだ。

日本だといくら厳しい家庭でも、大学以降くらいから、周りに流されてセックスをする。仮に処女でいたとしても、どこか滞在的に、処女を捨てなきゃ!という焦りがあるはずだ。タイ人女性ほど親の教えを忠実に守っている日本人女性は、見たことがない。相手が誰であれ、どういう状況であれ絶対セックスをしない、なんていう日本人女性はいないだろう。

だからこそ、タイ・バンコクでのストリートのポイントは、即を狙わずバンゲに集中することだ。

まずはバンゲを重ね、その中で食いつきのいい子からアポを入れる。

この流れが、タイ・バンコクでナンパする基本戦略になるだろう。

日本の感覚でストナンをすると、なんでこんなに簡単にLINEを教えてくれるんだろうと驚く。楽しくナンパができるだろう。ただ、日本と比べると、どうしても死番が多くなるし、「なんでこんなにバンゲ出来ているのに即れねぇんだ」と悩んでしまう。心配しないで良い。タイではそういうもんだから。マイペンライです。

ただ、声掛け時に注意したいポイントは、相手の印象に残るストーリーを立てることだ。ハローくらいでバンゲ出来る分、きちんと死番化しないようにするには、バンゲ時に相手に強い印象に残すことが重要だ。

もちろん、その後のLINEのやり取り次第で、食いつきを上げることもできるが、バンゲ時のなごみやインパクトも必須。この部分はもしかしたら、準即前提のタイならではのこだわるポイントだろう。

場所について

場所で言うと、正直、どこでも楽にバンゲできてしまう。そういう意味では「人の多いところ」でやるのが鉄板だろう。具体的にはラマ9、サイアム、シーロム、アソーク、プロンポン等々。人が集まる所ならどこでも良い。

渋谷の女の子はガンシカ多いが、地方駅だと反応が良い。みたいな現象はタイでは存在せず、どこでも女の子の対応は変わらず喜んでLINEを教えてくれるだろう。あくまでバンゲだけをするのなので、連れ出しスポットを考えたりしなくていいからどこでもいい。

BTSスクンビットライン沿いだと、駅にはどこでも大きなショッピングセンターがあるし、人は溢れている。ラチャダーも人が多い。または大学なんかに行ってもいいだろう。

まとめ

自分のバンコクナンパの師匠からもらった言葉を、そのまま使わせてもらうと、タイのストリートでは、即が準即みたいなもんだ。無理にそのまま即を狙うな。バンゲだけでOK、どんどんバンゲしてアポを入れて即る!!この戦略を是非おすすめしたい。

日本でナンパをしている人は即にこだわる分、かなり勝手の違いに戸惑うだろう。しかし、逆に初心者や、あまり経験が無い人にとっては、急に話しかけてもガンシカなく笑顔で反応してくれる子が多いので、楽しくナンパをスタートできるだろう。

それぞれのアメージングなタイランドを目指して欲しい。タイ、バンコクのストリートにも夢があるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です