国内最恐ブロガーXYZさんが出会い系でひっかけた女の子と、たはらがオナ電してみた【STAY HOME】

この記事では、

たはらが2020年のコロナ期になぜか他人が出会い系で引っかけた女の子と「オナ電」をした体験記を書いていく。

結論、上手に出来なかったし、めっちゃ恥ずかしいし、めっちゃ電話してる時の自分が気持ち悪いけど、手軽に変態になれて楽しい。そして「出会い系」の可能性を強く感じた体験になった。

  • Stay homeの有意義な過ごし方が知りたい
  • 普通のオナニーに飽きてきた
  • 新たな扉を開けたい

そんなあなたは、ぜひこの記事を読んで、新たな楽しみを見つけてみればどうだろうか?

オナ電をすることになった謎のきっかけ

時はコロナ真っ盛りの2020年春。たはらは何を隠そう、暇を持て余していた。やることはいくつもあるんだけど、なんて言うかやる気がない。宿題があるのにゴロゴロしてしまう小学生の夏休みの昼下がりの、あの気怠さ。

そんな空虚な時の中、とある電話が届く。

 

電話の声の主は、当サイトでもお馴染み、国内最恐ブロガーXYZさん

韓国旅行やタイ旅行、先日は大阪遠征でもお世話になったエロブログ界隈の怖い先輩。

 

「俺が出会い系で女引っ掛けるからオナ電しろや」

XYZさん

こうも命令口調とやらされる内容がミスマッチすることはあるだろうか?もちろん、たはら自身オナ電をしたことも「オナ電をしろ」と言われたのは人生で初めて。とにかく、「暇やから適当に出会い系で女の子釣って遊ぼう」とのことらしい。

オナ電とは?
オナニー電話の略。

お互い脱がせたりしながら、オナニーしながら電話をすること。

女性は特に裸を見せたり、男性がオナニーしているのを見ることで、一人でのオナニーより満足感を得やすいらしい(ソース:Yahoo知恵袋)

 

たはら

「いや、オナ電とかやったことないですよ。。」
「もう話つけとるから、今日の深夜1時な」

XYZさん

とんとん拍子に決まるオナ電。

いや、てか、こんな簡単にオナ電なんかしてくれる子見つかるのかよwと思ってたけど、どうやら出会い系には結構こういう子がいるらしい。

さすがXYZさんw出会い系でオナ電女子を釣りまくるw

ちなみにXYZさんが引っ掛けたサイトはJメールというサイト。

  • 無料で掲示板検索ができる
  • お試し無料ポイント100pt付き

とか特典も多く、この暇な期間にたはらも一応登録(無料100ポイント付き)まではしてみたけど、出会い系もマッチングアプリとはまた違って面白いw 絶賛Stay Homeのたはらにはちょっと興奮する、楽しい初体験。

女の子と電話をするまで

約束の時間は深夜1時。電話までの流れとしては、

xyzさんが出会い系で女の子を釣る

女の子にたはらのカカオ🆔を送る

初めまして、でオナ電スタート

「OK」とは言ったものの、ソワソワして落ち着かない。普通に電話する時や、会う時と比べ物にならないドキドキ。

そもそもオナ電ってなにすればいいのか分からなすぎてXYZさんに改めて聞くと、

「とりあえず何させるかだけ流れ作っとって喋れば大丈夫やろ」と。

メモ帳を開き、命令リストを作る。

…俺は一体何をやっているのだろう?

そんな疑念と戦いながら、約束の1時を待つ。なんとも言えない緊張感。いや、オナニーしながら電話って何なん?と。

 

ソワソワがピークに達した約束の1時の30分前、XYZさんから連絡が来る。

 

「あとは頼んだ」と、こんな無責任なことはないと思いながら、カカオを開くと新しい友達に「あかね」との文字が。

緊張が走る。

 

緊張もそこそこに、そのあかねちゃんという子から「こんばんはー」とメッセージが来る。

これからオナ電するとビビっているたはらを横目に、こんな普通の挨拶ができるなんて…!

続いて、「電話もういいですか?」とのメッセージの直後、あの独特のカカオの着信音が鳴る。

 

たはらはドキドキしながら電話に出ようと、「応答」を右スワイプしようとするが、なぜか反応が無い。慌てて何度も右へ右へと動かして気付いた。

…緊張し過ぎて手汗かいててスワイプが出来なかったw

着信音は鳴り止み、1発目の電話を逃すw

 

しっかり深呼吸して、手汗をティッシュで拭き、ズボンを下ろしチンコを出して、こちらから電話をかける。

これまでに無いほどの緊張の中、オナ電が幕を開ける…

「もしもし…?こんばんはー」

の声と同時に画面を見ると、マスクをした若い女の子がビデオ通話に映し出される。

そして、

あかねちゃん

「全身鏡があるのでそこに映しますね」

と矢継ぎ早に言われ、正直たはらはテンパっててなんのことか理解してなかった。

 

切り替わるカメラアングルでようやく理解する。挨拶→顔を見せる→全身の鏡へ、と相手が気使って素早く段取りしてくれた。

「いや、この子慣れすぎてる、身を委ねよう。」と。絶対こういうの慣れてる。

 

女の子が、カメラを構えて薄手のパジャマ風なグレーのワンピース1枚だけを纏い、喋りかけてくる。

横にはバスタオルがたたんで置いてあったり、ティッシュが映っていて生活感丸出し。リアル、なんかリアル。

「最初の1分はお互いの自己紹介用の時間だから」とXYZさんに言われていたので自己紹介をしようとするも、なんていうか、ビビって言葉が出てこずに、相手に主導権を握られる。

あかねちゃん

「今、この1枚しか着てないんですよ」
「え、、、、エロいね。。(ニタァ)」

たはら

童貞みたいなキモボイスが漏れる。

なんていうか、一応テレビ電話で相手の全身を映しているものの、たはらは声だけなのでなんとも言えない変な感じ。顔も見せていないので、変態になろうと思えばどこまでも変態になれるのに、まだ緊張が勝っている。

 

たはら

「じゃ、じゃあ、服めくってみてよ(ニタァ)」

と、とりあえず台本通り指示を出してみる。

 

ここで気づいたけど、自己紹介1分をもう飛ばしてしまって、オナ電本編(?)に入っていた。緊張し過ぎて自己紹介のパートをすっ飛ばしてしまっていたw

たはらの童貞変態ボイスにも関わらず、あかねちゃんは迷いなくワンピースの裾をまくり、赤いパンツが露わになる。

たはら

(え、なにこれ、、なんとも言えない興奮。。)

と、少し気持ちが乗ってきたところで、「じゃあおっぱいも見せてよ」「ちょっとアップにして、上から」と、少しずつ指示も上手になってきた。言葉が徐々に出るようになってきている。

 

あかねちゃんはワンピースの肩ひもをずらしてはだけさせ、おっぱいが「ポヨン」と外に出る。

「これ1枚しか着ていない」と言った言葉に違わず、ブラジャーはしていなかった。本当に布っきれ一枚でおっぱいを覆っていた。しかもあかねちゃんは結構巨乳で、スタイル抜群とは言わないけど、なかなかエロい体をしている。

そこで困ったのが、おっぱいを出された時のリアクションで、こういう時オナ電的にはなんて言えば良いのか分からないw

なんとか絞り出して「いいね。。」としかリアクションが取れないたはらの能力の無さに絶望する。

 

しかし、身体は確かにエロい。そして、自分が言葉で脱がせている感覚。

たはら

じゃあ、全部脱いでみよっか^^」

と脱がす。まさにこれ、気分はさながら全裸監督の山田孝之。

なんていうか、SEXする以外で女の子の裸をみるって、なかなか新鮮で、もちろんテレビ電話なのでおっぱいを揉むことも触れることもできない。なのに脱がせる、という、初めての感覚。

あかねちゃんは着ていたワンピースを迷うことなく脱ぎ、履いていたパンツも脱いで全裸に。

おっぱいはやっぱり巨乳、全身が露わになると身体の「女性」感が強くめちゃくちゃエロい。

 

しかしまあ、たはらのよく分からない不適格な指示にも、きちんと応じてくれるし、一切嫌がらず指示に従ってくれる。

これが世界まる見えのVTRだったら「それにしてもこの女、ノリノリである。」とナレーションを入れられてるレベルにノリノリ。

 

ただ、全裸になったところで、この後どうすればいいのか分からない…。これまでは「脱がす」という確かな目標があったものの、全裸になった以上、もう脱がすものはない。

ここで台本にちらっと目をやると、「具をアップ」と書いていたので、とりあえず「下をアップにしてみようか^^」と指示を出す。

すると、全身鏡から内カメラに変更し、下にズームインしていく。。

「ちゃんと見えてますか??」

あかねちゃん

たはら

(この子…できる。。!)

毛は適度に生えていて、具はくっきり見えるレベル。もちろん無修正。なかなかエロい。

女性を脱がす満足感、そして電話越しに秘部を見る興奮、なかなかすごい。これはナンパでも味わったことない感覚。

アップになった具をみて、「いいね〜〜エロいね〜〜〜」と言ってみたものの、マジでそれ以上の言葉がない。台本を見てもあとは「裸でバイバイ」としか書いていない。。

困った。これ以上やることがない。。

 

あかねちゃんも次の指示を待っているのか、具をアップにしたまま、「見えてますか?」と確認してくる。絶対良い子。

たはら

「見えてるよ、、、エロいねぇ(変態ボイス)」

と、相変わらずキモい声を出すことしかできない。

 

ただ、相手も多分次の指示を待っている、何かないか、たはらがひねり出した答えは、

たはら

「と、とりあえず1周回って見て!!」

…謎の指示を出してしまった。

「え、あ、はい!」

あかねちゃん

とゆっくり全裸のまま回転してくれるあかねちゃん。めちゃくちゃ良い子。スマホの中で指示通りに全裸で回転するあかねちゃんを見て、

たはら

「お、お、お尻良いねえ」」

とまたキモボイスを出すたはら。

そろそろマジでこれ以上することない。。ただ、終わらせ方が分からない。「いいねえ、、エロいねえ、、おっぱいアップにしてよ」と時間つなぎにとりあえずおっぱいをアップにさせる。。

確かにエロいし、なんとも言えない興奮があるのだが、「いいねえ。。エロいねえ。。」以外の語彙を失った。

たはら

(まずい。。終わらせ方が分からない。。)

と、1秒考えひらめいた。

そう言えば脱がすことが目的になってたけど、あくまでオナ電、オナニー電話だ。

 

たはらは突然、

たはら

「ああっっ!!」

と声を出し、電話でイったフリをした。

 

「…もうイっちゃったの??」

あかねちゃん

と聞かれ、

たはら

「うん、、あかねちゃんがエロかったからすぐイっちゃった…」

と言って、「じゃあ、、こっちにバイバイしてもらっていいかな?」と謎に全裸でバイバイしてもらって電話を切った。最後まであかねちゃんは笑顔だった。

永遠のように長く感じられたが、通話時間を見るとたった3分40秒だった。笑

オナ電体験記まとめ

XYZさんに指示され、謎に見知らぬ女の子とオナ電をした感想は、己の恥ずかしさと向き合う、普通のナンパでのセックスとはまた違う恥ずかしさと、なんとも言えない興奮感。

触れないんだけど、脱がしている征服感は感じるが、ポーズとかももっと指示出して楽しめればよかった。もうちょっと緊張せず落ち着いてやればもっと興奮できるし、イったフリしないでオナニーにちゃんと使えるかもしれない。早く脱がせすぎた。

ただ、今回XYZさんが仕込んでくれたあかねちゃんはマジでノリノリで、こんな子が出会い系には溢れているんだ、と衝撃を受けた。あんなキモい指示やリアクションにも関わらず、楽しんで見せてくれた。

今回XYZさんがあかねちゃんを引っ掛けた出会い系サイトはJメール

  • 無料で掲示板検索ができる
  • お試し無料ポイント100pt付き

などお得なキャンペーンもやっている。マッチングアプリとはまた違う面白さがある。

あなたもこの機に出会いの幅を広げてみればいかがだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。