カンボジア・プノンペンの風俗~バービア&激安?立ちんぼエリアへ潜入【ASEAN週末ナンパトラベラー】

この記事では、

バンコク在住タイナンパブロガーたはら(@tahataha4646が2018年7月に行った、ASEAN週末ナンパトラベラー企画第1弾のカンボジア・プノンペンでの風俗・夜遊び調査について、主にプノンペンのバービアと立ちんぼについて書いていく。

カンボジア・プノンペンでのナンパの裏側を書いた、「裏ブログ」noteにて公開中です。本編ブログ面白かった、役に立った、という方はぜひこちらも読んで頂きたい。noteでしか書けない裏話を恥じらいながら書いております。

参考 カンボジア・プノンペンナンパ旅・裏ブログ【ASEAN週末ナンパトラベラー】たはらのnote

1日目↓

カンボジア・プノンペンのナンパ①~カンボジア人となかよし【ASEAN週末ナンパトラベラー】

2日目↓

カンボジア・プノンペンのナンパ②~ストナン・PONTOON編【ASEAN週末ナンパトラベラー】

3日目↓

カンボジア・プノンペンのナンパ③~カンボジア最強ナンパ師爆誕宣言【ASEAN週末ナンパトラベラー】

 

神スポンサー様紹介
この企画は神ブログWORLD SEX TRIP JOJOの海外風俗・世界一周旅〜

のサポートのもと成り立っております。

世界の風俗情報が詰まった神ブログは要チェック。

ヨーロッパ、南米、アフリカ、アジア、と世界の風俗をランキングにしたこの記事は必見。世界がもっと楽しくなります

【海外風俗ランキング2018年版】4年間世界一周エロ旅してきたぼくがオススメする世界の風俗情報

管理人JOJOさんのツイッター→@WORLD_SEX_TRIP

プノンペン、リバーサイド・バービアでの遊び方

カンボジア・プノンペンの風俗は全体的に、やはりタイと比べると堂々と派手派手しくやっているわけではなく、どこがダークな雰囲気を纏う。

他のアジアの国と違い、風俗情報が圧倒的に少なく情報収集に苦労したが、今回はのサイトを参考に回ってみました。ありがとうございます。

カンボジア・プノンペンの風俗街で夜遊びする方法・場所・料金相場

そんなダークなカンボジア・プノンペンの風俗の中で、最も手に取りやすいのが、このバービアでないだろうか。日本で言うところのガールズバー?セクキャバ?

遊び方は実にシンプル。バーで女の子と一緒に飲む。もちろん女の子は隣についてくれるので基本おさわりオッケー。ただ、タイのゴーゴーバーやパタヤのバービアなどとは違い、お金を払っても割と連れ出し不可な子がいるとのこと。なので、逆にセックス前提で接客されるわけでも無い。

バービアが密集しているエリアは、リバーサイドのという場所。

大体この周辺3つの通りにソイカウボーイのような繁華街があり、通るとハロー、ニーハオー、といった呼び込みの声がかかる。

ただ、タイのナナプラザやソイカウボーイのような、道路に女の子が立ち、激しい客引きやボディタッチがあるわけではなく、店先から声をかけてくる程度なのでどこかおとなしめ。プノンペンらしいおしとやかさを持ち合わせている。たぶん。

バービアに潜入

そんな控えめな客引きを浴びながらたはらが選んだ店はここ!

Tiger(とら)

特に理由は無いw

色々なサイトに「○○と言う店がオススメ!」とか書いていたけど、実際は横に付ける女の子って一人だし、客引きで気に入った子がいた店に入る方が楽しめるのではないのかなーとはたはらは思う。パタヤのバービアと同じような選び方。タイのゴーゴーバーのように見て楽しむ、SEXする。みたいな要素はなく女の子と一緒に飲みながらいちゃいちゃするのを楽しむのが王道。

今回も、客引きですごいこっちにアピールしてくれた子を選びそのまま入店。

先客は韓国人団体1組のみ。店内はミラーボールが回り一見煌びやかなバー。ただ、どこか日本のスナックのようなソファを見ると場末感があり、エンターテイメントとして日本の質を求めてはいけない。ただただ女の子といちゃいちゃすれば良いだけだしね。

 

付いてくれた女の子はOちゃん21歳。プノンペン生まれプノンペン育ち。白く、目がぱっちりしていて顔はやや幼い。

英語はあまり得意じゃないようだったが、たはら的には「サアート(かわいい)」さえ通じれば特に会話は困らないw

乾杯を済ませると早速彼女はたはらに密着し、たはらのちんこ(たはら本体)を刺激しながらキスしてくる。

彼女はカンボジア人らしかぬ白い肌で、特に足がエロい。

美しい。

程よいチンコへの快感に身を任せながら密着しチューしてサアート。この流れを繰り返しなかよくする。そういえばナンパ編では、このかわいい(さあーと)と、ありがとう(おーくん)を間違えて覚えていて、クラブの中でさあーとと間違えて女の子の耳元でおーくん!!おーくん!!!って叫びまくってたなぁ、と。ま、即れたけどね!!!!

カンボジア・プノンペンのナンパ①~カンボジア人となかよし【ASEAN週末ナンパトラベラー】

この即の裏側は、裏ブログで↓↓

参考 カンボジア・プノンペンナンパ旅・裏ブログ【ASEAN週末ナンパトラベラー】たはらのnote

 

タイのゴーゴーバーと違い、いくらいちゃいちゃしても「ホテルに行こう」や「ダンスに行くからチップちょうだい!」など言ってこないのでのんびりと遊べるところがココのメリットかと。チンコをタッチされるも、おっぱいを触り返すと照れるカンボジア美女に胸がときめく。チンコもふくらむ。

とりあえず「一緒にホテルに帰りたいんだけど、、いくら?」と聞いたが通じず、携帯に打ち込む。

2h=80USD

うーん、悪くないけど、やっぱりタイと比べるとお得感はない。しばしイチャイチャを楽しみ、その後連絡先だけ交換し店を後にする。なかなか強気価格。

ドリンクは自分のビールが2ドル、女の子のドリンク(カクテル)が1杯5ドル程。

プノンペンのレディーボーイ

お待たせしました。全国1億人のレディボーイファンのみなさん。せっかくたはらが調査に行くということなので、ちょっとだけレディボーイ情報もお届けする。

カンボジア・プノンペンにも質の高いレディボーイは結構いる。ただ、タイのオブセッションのような「レディボーイ専門店」は無いが、うれしいことに普通のバービアにレディボーイがまぎれている。

あまり数は多くないにせよ、どうしてもレディボーイと遊びたいというあなたは、客引きのLBを見つけて一緒に入店することをオススメしたい。

特にたはらが回った中でレディボーイが多かったのは、

Madam Butterfly

店先に2~3人ほどレディボーイが連なり、ハロー、ウェルカム、と声をかけてくる。低めの声で。

カンボジアはまだタイの隣ということで、他のバーにもぽつぽつとレディボーイがいた。質だけで言うと、実際タイと同様ぐらい。また、立ちんぼではなくお店にいるので安心して遊べると思う。ぜひ、この機会に挑戦してみてほしい。

プノンペンの立ちんぼエリアの場所は?

ここまで、プノンペンの中でもポップに遊べる「バービア」を紹介してきたが、

逆にこのプノンペンの立ちんぼエリアはその暗黒さが最も楽しめる(?)場所だと思う。

というのも、立ちんぼが立つスポットは、人が集まるリバーサイドのエリアから少し離れたものさびしいワットプノン(Wat Phnom)の周辺

 

行き方はGrabやトゥクトゥクで「ワットプノン(Wat Phnom)」と言えば連れて行ってもらえる。

プノンペン中心からだとGrabで300円~500円ぐらい。

 

一応昼はそこそこの観光地で知られるこのワットプノンも、夜は閑散としており、明かりがついているのにどこか暗く、、ちょっと怖い。

たはらが訪れた時も、Grabのドライバーにワットプノンに行きたいと告げると、、「こんな時間に何をするんだ?荷物にビーケアフル」と言われたw

立ちんぼ女の子のレベル・値段は?

そんな閑散としたワットプノン公園の周りだが、その周辺に、ぽつぽつと、本当にぽつぽつとだけ立ちんぼが立っている。公園の外周は歩いて5分ぐらい。その間、約10名ほどの女の子&おばさんが立っていた。

タイに慣れている方からすると、立ちんぼって、スクンビット通りとか、ナナプラザ前とか、パタヤのビーチロードとか、人が多く明るい所に立っているもの、とイメージするだろうけど、カンボジア・プノンペンの立ちんぼエリアは超暗いし、空気がなんか変。なんともいえない負の雰囲気にゾクゾクするw

タイ・パタヤの立ちんぼをガチで調査してみた【世界で風俗】

 

女の子に近づくと、笑顔を振りまく訳ではなく、じとーとした目で見てくるか、小さくハロー、とアピールしてくるぐらいw

もちろん、自分以外に外国人のお客さんはいないし、数組ほど地元の人らしきお客さんがバイクや車で来て品定めしているぐらい。

 

海外経験が少ない人にはなかなか交渉するハードルが高いだろうw

女の子のレベルは、、、全体的に低い。若い子も数人いたが、どこか闇を抱えているオーラがだだ漏れw

 

気になるお値段だが、女の子のレベルは低い割に、言い値20USD~40USDスタート。うーん、、タイと同じか若干高いぐらい。

その中の一人は、全く英語が話せずひたすらスマホの電卓に数字を打って交渉してきた。ノーと言って立ち去ろうとしても電卓の数字を見せようとしてくる。妖怪電卓の数字見せババア。さすがに怖い。

特に掘り出し物はなかったが、なんとも言えないダーク感に東南アジアを感じる。このゾクゾク感を味わいたい人にはオススメwこれぞアジア風俗。

カンボジア・プノンペンの風俗まとめ

今回はカンボジア・プノンペンの1番手に取りやすい夜遊びバービアと、手が届きにくい夜遊び立ちんぼを調査してきた。全体的に言えるのは、意外にに強気価格で物価差の恩恵をそこまで受けられないなぁと。

今回調査には行けなかったが、参考にしたすけさん(@lovestyle5678)のサイト情報だとマッサージパーラーなども150USD~とお高め。カンボジアとタイの経済的な差を考えると、ちょっとお得度は少なく感じる。

ただ、女の子のレベルに関してはタイよりさらに濃い顔立ちだけど、実質、可愛い子は多い。結構洗練されている。規模感小さくも開放感も少ないものの、十分楽しめる。

カンボジア・プノンペン、のんびりと、まったりと、楽しくエロく遊ぶにはちょうどいい街ではないだろうか。ナンパもいいけど、背伸びしない、ゆるやかな夜遊びをぜひ楽しんでもらいたい。

 

カンボジア・プノンペンでのナンパの裏側を書いた、「裏ブログ」noteにて公開中です。本編ブログ面白かった、役に立った、という方はぜひこちらも読んで頂きたい。noteでしか書けない裏話を恥じらいながら書いております。

参考 カンボジア・プノンペンナンパ旅・裏ブログ【ASEAN週末ナンパトラベラー】たはらのnote

1日目↓

カンボジア・プノンペンのナンパ①~カンボジア人となかよし【ASEAN週末ナンパトラベラー】

2日目↓

カンボジア・プノンペンのナンパ②~ストナン・PONTOON編【ASEAN週末ナンパトラベラー】

3日目↓

カンボジア・プノンペンのナンパ③~カンボジア最強ナンパ師爆誕宣言【ASEAN週末ナンパトラベラー】

2 Comments

たかろん

たはらさんこんにちは(^^♪ いつもツイート楽しませていただいてます!俺も2週間程前に初プノンペン行ってきてすごく共感したので初コメントさせてもらいました。ドルが流通してるせいなのか物価程の恩恵があまりないのは感じましたね(^^; でもリバーサイドのバービアはまったりしているし女の子は明るく接客を楽しんでるしたはらさんの言う通り少し照れ屋な感じもありましたね!スレてない子が多く感じました。タイとは違い日本人をほとんど見かけないのも新鮮でした。また機会があれば次はプノンペンのLBちゃんと遊びたいですw ツイートブログ共に楽しみにしてます!

返信する
tahara

たかろんさん
コメントありがとうございます。

タイと比べると街も女の子も素朴で良いですよね。
レディーボーイは少なめでしたが、ぜひぜひトライして感想お聞かせください!!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です