【新連載】ポーチの人mやんのバンコク移住日記〜元童貞、タイに住む。

大型新連載、

「ポーチの人mやんのバンコク移住日記〜元童貞、タイに住む。」

スタートです。

この連載では、童貞タイナンパ合宿企画参加者でもあり、2018年11月からタイに移住を始めたmやん(@1HS6sqX2vDIah2V)によるタイ移住記をお送りしていきます。

初回の今回は、このmやんという人間が何者なのか、タイ移住を決意した理由、そして実際にタイに移住するまでの経緯を書いていく。

こんな人にオススメ

・タイに来たいけど迷っている

・海外移住に興味がある

・海外移住した仲間を増やしたい。

・タイ移住初心者なりの感想や生活記を知りたい。

mやんも学んでいるたはらメソッドタイ語勉強法、タイ語を0から始めたい人にはかなりオススメ。


note.mu


はじめまして、mやん(@1HS6sqX2vDIah2V)です。

英語力、タイ語力0で11月からタイにお試し移住してます。

ポーチの人とかmやんとか呼ばれてます。20代の男性です。

編集注
ちなみに、なんで「ポーチの人」かと言うと、今年の夏の童貞合宿企画でクラブにウエストポーチを付けてきて運営陣の度肝を抜いたからw

参考記事)

童貞タイナンパ挑戦企画②~タイで童貞がモテるには?

 

初回は、自分の簡単なプロフィールと、移住に至った経緯を書いていきます。

日本での生活

・どんな仕事してたの?
・そもそもその仕事ってどうだった?
・日本では童貞?

こんにちは。mやんです。最近バンコクに引っ越しました。

今ちょうど一ヶ月が過ぎたので自己紹介がてら僕が何者なのかについて書いてみて、

「こんなやつでもタイで生活できるのか。俺も行ってみよ!」って思ってもらえたら嬉しいです!

 

僕が何者なのか

日本での僕は陰キャオタクでした。当然童貞。

「アニメ」と「遊戯王」で高校生活を過ごし、「エロゲ」と「麻雀」に大学生活をささげました。もちろん20年以上彼女なんかいませんでしたし、なんなら手をつないだことすら無かったです。少し女の子と会話できたらビッグイベント。非モテを体現する人生。

 

中学でも高校でも大学でも気になる娘はいたものの特にアプローチすることもなかったというか、できませんでした。

僕はイケメンじゃないので自分で動かないと彼女できないのは今思うと当然なのですが、

当時は「俺の人生に恋愛イベントは実装されてない」とか「女より友達といるほうが楽しいから問題ない」とか思ってました。

風俗に行こうという発想もなかったので、ぼんやりと「一生女とは無縁かなあ」と考えてました。童貞の鑑。

 

そんな僕でも幸い大学は卒業できたのですが、新卒で入社した会社を一年で退職。ええ、クズですね笑。

ただ一度いわゆる「レール」から外れたこともあってやってみようと思ったことを色々やってみようと思えるようになりました。

 

とりあえず麻雀が一番の趣味だったので雀荘で働くことに挑戦。

当然周りも麻雀が好きで、拘束時間は長いもののぬるま湯のような心地よさがありました。一時期は一生この仕事で食っていこうと思える程度には麻雀が好きでしたし、今も好きです。

 

そんな生活を続けていたのですが、前々から海外旅行をしてみたいという思いがありそれが強くなってきました。

やりたいことはすぐやる。これだけはマイルールです。お金を貯めては海外旅行する日々が幕を開けました。

人生一度きり。まだ見ぬ面白いものを求めて…

タイとの出会い

元々知らないところを歩くのは好きで、海外旅行を一人ですることに抵抗はなかったです。

気になった国を適当に見て周りました。

 

行った国は順番にアメリカ、イギリス、フランス、ベトナム、台湾です。

理由はTVで観たとか、適当です。徒然なるままに。

英語はもちろんできないのですが、空港でSIMを買ってネットに繋がれば何も恐くないです。ググれカスと言われて育った世代なので困ったらgoogle先生にききながら問題なく旅はできていました。

 

そして2018年8月、童貞ナンパ企画なる謎のイベントが開催されることを知りました。

たしかツイッタ-で知ったような。

たはらさん(@tahataha4646のことはこの時知らなかったのですが、ツイッターのエロ界隈の反応からなにやらただごとでないイベントのようだ…。

ってことだけは感じていました。


このときは

(まあ、俺には無縁の世界か)

と思ったきり。

 

しかし3日後、…やっぱりなんか気になる!笑。恐る恐る問い合わせのDMを送ると、思った以上の丁寧な返事。

正直ナンパ師と名乗っている人の返事はもっと適当だと思っていたので、安心しました。

 

不安は当然あったのですが、

この時点ではタイにも行ったことがなかったのと、なんかぶっ飛んでて面白そうだと思いました。

そんなこんなで参加表明。

 

たしかタイ旅行のついでに面白い体験ができそうくらいに思ってて、

「絶対童貞卒業してやる!」みたいな決意はなかったです。(たはらさんすんません笑)

そして訪タイ。ナンパ企画結果としてはなんと2即!今でも自分で信じられない結果でした。まさか自分が童貞卒業するとは…

ナンパ師の方々もみんないい人たちで、一緒に参加した童貞同志とも仲良くなることができ大満足の結果でした。

この夏、タイという国にすごくいい印象を持って帰国しました。ポーチを付けてクラブに行ったことは未だにイジられますが…

 

童貞タイナンパ挑戦企画①~童貞達の世界で一番エロい夏!

タイ移住決意

・なんで移住を?

・移住を決意するまで

・他の国と比べてなぜタイ?

・家族や周りの反応は?

・日本の仕事はすっと辞めれた?

なんで移住を?タイから帰ってきて

旅行から日本に帰ってくると毎回気になってしまうのが、日本の真面目な雰囲気です。

ああ、変なことしないでちゃんと働かないとなあ…

って気持ちにすごくなる。

地に足つけて堅実に生きなきゃ!!(使命感)

わかる方いませんか?笑

基本なにか新しいことするときに後ろ向きな姿勢から始まってしまうんです。なぜか。

 

その点海外、特に童貞合宿でタイにいたときは「失敗を恐れずなんでも挑戦してやる!」って気持ちになれるんですね。

「失敗なんかなんぼのもんじゃい!」、みたいな基本前向きな姿勢でいられるんです。なぜか。

 

僕は日本で大した生き方もしてなかったですし、自分の場合、海外移住したほうが「生きてる」って感じがするんじゃないか。

そう思って移住を考えました。

某有名RPGにある「長老 お前たち 生きてない 死んでないだけ」って名言が最近胸にきます。

(どのくらいの人が知ってる名言だろ笑)

移住を決意するまで

とはいえ実際、タイから帰国してからまたタイに仮移住を決めるまで3ヶ月かかりました。

それまでの仕事も嫌いではなくむしろ好きでしたし、忙しく働いてたので移住のプランも立てられなかったです。

・本当にタイに長く住めるのか?
・仕事は?
・家は?
・今いる友だちは?
・そして時期は?

不安や疑問はいろいろありました。そして考え続けてると決められないんですね。

 

結局タイから帰ってきて3ヶ月ただ働いて寝るだけでした。

ある日、(いかん、このままでは結局何もできない…)そう思いました。

もうタイに長く住めそうかのテストも兼ねてとりあえず2ヶ月行ってみよう!やってみよう!

こんなノリでタイに行くことだけを決めました。後のことは「後の自分」が解決するだろうと笑

なんでタイ?

タイに決めた理由はシンプルです。タイが好きだから。

もう少し詳しく書くと一番の理由は、総合的な満足度がすごく高い所だと思ったから。これです。

 

実は以前から海外に移住して生活したいという思いが頭の片隅にありました。

なので海外旅行中にはその土地の雰囲気、物価、食べ物、インフラ、国民性などをチェックしてたんです。

僕は7カ国だけしか見てまわっていないわけですが、その中でタイはダントツに居心地がいい国。

食べ物は美味しくて安いし、バンコクならBTSやMRTなどのインフラも発達している。なによりタイ人のオープンな国民性。

もちろん童貞企画での経験や出会いも大きいです。

もっと他の国を見てまわることも考えたのですが、童貞企画中のあらゆる出会いや経験、

今の気持ちの勢いを大切にしたいと思いタイに仮移住を決断しました。

家族や周囲の反応

僕の場合はそんなに問題なかったですね。元々変わりものだと思われてたので笑

親に関してはもう今の時点では諦められてるというのが正確なところです。今となってはもう自分の好きにしていいと言われていますね。

もともと突発的に旅行していたのもあって「あっそ、お土産よろしく」ぐらいです。

 

そして職場ですが、これが一番ややこしかったかもしれないです。

かなりみんな仲がいい職場だったので、親よりいろいろ聞かれました。

上司には「タイに可能性を感じたので2ヶ月住んでみたい」と気持ちを伝え、最終的にはエールをもらいました。

理解あるいい上司です。仕事も扱いとして辞めるではなく休暇にしてももらえました。まあもちろん給料はないですが。

 

そして仮移住!

「ポーチは置いてきた。はっきりいってこの闘いにはついてこれそうもない…」


なんかよく分からない締め方で終わったけど、初回はこれまで。

こうして移住を決めたmやん。

次回は、タイ移住後の生活、性活、心境の変化などなどについて。ポーチを置いた元童貞の活躍に乞うご期待。


たはらがタイ人をゲットしていく中で学んだ対タイ人に特化したTinder、ネトナンnote限定公開中。

タイに移住した元童貞mやんもこれを読んでタイ人を抱いています。

note.mu

 

mやんも学んでいるたはらメソッドタイ語勉強法、0からのスタートの人にはピッタリ。

note.mu

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。