ナンパして部屋やラブホまで来た子にグダ崩しが通じなかった時、試すべき「ベッド上でのグダ崩しテクニック」5選

この記事では、

ナンパしていたらたまにある、部屋やラブホ搬送はOKでボディタッチもOK…

しかし「部屋の中やベッド上でグダられる」のパターンに対するグダ崩し(女の子の拒否行動を崩してOKを引き出す)の方法・テクニックを、夜遊びブロガーたはら(@tahataha4646)が書いていく。

 

通常のアポや部屋やラブホ搬送段階でのグダ崩しは以下の記事にまとめている↓

もちろん、この記事のグダ崩しを使って、SEX前にもグダられないことがベスト。

しかし時には、「ベッド上」でグダられるシチュエーションもある。まさに先日のチン出しの記事などの例。

 

実際、女の子と対峙した時、いつ、このような状況に陥るか分からない。

何ならたはらはナンパ始めたての頃、隣で女の子が「脱ぎたい」と言って自ら服を脱ぎ、全裸で寝ているのにSEXお預け喰らいながら朝を迎えたこともあった。

状況証拠的には勝てるはずなのに…

そんな悩みを解決できるように、たはらが使っている5つの手段をまとめた。

上記の通常のトーク術、グダ崩し記事と合わせて事前にこの記事を一読して、「手札」として頭の片隅に置いておくと、一気に流れが変わったりする。

 

※ちなみに日本でも東南アジアでも実証済みなので、海外でもおおよそ等しく使えます。多分。

部屋やベッド上でグダられた時に使えるグダ崩しテクニック

さてここからはノウハウ的な部分に入るが、実際、これから紹介する技はチン出し含めあくまで最終手段。というか、普通はこんなに最後の最後でグダられないことが理想。

また、文字情報だけで学んで、適当にチン出しなどしていたら、そりゃ言わずもがな捕まる。

あくまで取り扱い注意で、ということは初めに強調したい。

 

通常、グダられたらそのグダを崩す「グダ崩し」トークで大体が崩れるもの。そのトークに関しては、詳しくこちらの記事にまとめている。

むしろこちらをベースとして、頭に叩き込んで地肉にした方が効果はデカい。使える機会は多い。

 

ただ繰り返しになるが、時には、

部屋搬送後にキス&ボディタッチもOKで、一緒寝てたりもしてるのにそれでもその先ダメ

というパターンがごくごく稀に発生する。そんなに綺麗にはいかないことが多いのは、ナンパをしたりアプリを使っている人なら分かってくれるだろう。

 

 

本題に入るが、そういう時にたはらがやることは以下の行動。

  • 「帰っていいよ」と突き放す
  • 何もせず寝て朝再トライする
  • チンコ出して本能に訴えかける
  • 「クンニだけさせて」って言う
  • 「俺、ピロートークがしたいだけなんよ(キリッ)」って言う

 

上記のオススメ度やトライする順番については、甲乙つけ難い。

どれがどういう子にハマるか?場合分けが難しいので全て手札として持っておいて、相手の様子を見ながら1枚ずつ切っていくことが有効かな、というのが現状のデータ。

 

ただ、これから書くテクニックを使うと、

イチャイチャ出来るのに、なぜかSEXに対してはテコでも動かない…という女の子とのあの微妙な空間を、一気に変える。かも知れない。

参考)

大阪でナンパした子が部屋まで来てSEXは拒否…しかし〇〇したらGETできた体験談【グダ崩し実践】

「クンニだけさせて」って言う

なかなかツッコミどころがありそうだが、たはら的には、結構これ最強。マジでおふざけじゃなくて、クンニだけさせてのお願いが、5つの中で最も多用するパターンかも知れない。

そもそも女の子は人生で生きていてこんなお願いされたことないので、青天の霹靂。インパクトはデカい。

しかも言い方にもよるが、微妙な空気感の中これをブッ込むと緊張は和む。

文字だけでみるとやばいように見えるが、女の子の反応は、

  • え、マジで言ってんの?w
  • ええ、汚いよ?
  • クンニだけしてどうすんの!?

など前向きなものが多い。

 

シチュエーションを考えても、一旦SEX打診している→拒否 の後なので、

「〇〇だけ」という限定+こちらもSEXは諦めて譲歩している

ということで、マジで意外にも通ることは多い。マジでワンチャン、最後の手段として言ってみてほしい。

 

実際に、クンニだけで終わることはなく、この打診さえ通れば女の子の性のスイッチがほぼ確実に入る。

「帰っていいよ」と突き放す

これは恋愛工学的には、いわゆる「雰囲気ぶちこわしルーティン」という名で語られていたはず。

つまり、突き放して相手から追わせるというテクニック。

この記事のテクを使う前段階として、正直に「SEXがしたい、SEXをすべきだ」という論調で進めているはずだと思うので、女の子からしてみたら、急に突き放されると、「嫌われたのかな、怒らせたのかな」と少し不安になり心が動く。

 

押してダメなら引いてみろ、ということで王道の技術だが、

女の子

いや、別に帰りたいわけじゃないけど…

女の子

(今SEXは拒否ってるけど、嫌われるのは嫌だな…)

こんな感じで、一気に潮目が変わることもある。

 

実際、部屋orホテル搬送まではOKという状況なので、食い付きが全く無い、なんてことは滅多にないはず。

勇気を持って突き放すと、意外にも向こうからの好意の部分を引き出すことが出来たりする。

 

ただ、食いつきを失った状態でやると、「分かった」と当然普通に帰られてしまうので注意w

あえて何もせず寝て、朝、再トライする

これもある意味一旦引いてみる、というパターンだが、

「夜あれだけグダっていたのに、朝になったらめちゃくちゃあっさりOKになっている…」という経験がナンパ師なら誰でもあるはず。

ある意味諦めて、自然に任せる運頼み。

 

とはいえ、女の子の気分は変わりやすいもので、例えば、

酔った状態でやるのは負けた気がするだけ

とか、

夜、勢いでするのは自分の主義じゃないだけ

とか、

そういった理由で夜グダっていただけで、朝あっさりと展開が変わったりする。

 

この辺りは正直、女の子の深層心理の奥の話なので、どういう子が「朝ならOK」タイプだと判断することは難しいので、どうしても無理な時に賭けのテクニックとして持っておこう。

夜の攻めを一切やめて朝に賭けるので、時間的に非常にリスキーではあるが…

チンコを出して本能に訴えかける

これは別の記事の体験談でその効果を十分分かってくれると思うが、これは上級者向きというか本当に取り扱い注意。

当然、全然食いつきも何もない子に外でチンコ出すと捕まるので、やめてほしい。

あくまで搬送、ボディタッチOK、食い付きもちゃんとあるはず、の場合のみの話。

 

ただ、誤解を恐れず書くと、

「チンコが立ってしまっている」

と分からせると、意外に女の子の母性を刺激する。母性というか、ぶっちゃけこれで、チンコ触ってくれる。

 

いきなり変態的に出すのではなく、相手への好意への身体の生理反応、という理屈。

ここまでの会話の流れも大事なので、以下の記事を合わせて読むとチン出しまでの会話とタイミングのヒントになるかも知れない↓↓

参考)

大阪でナンパした子が部屋まで来てSEXは拒否…しかし〇〇したらGETできた体験談【グダ崩し実践】

「俺、ピロートークがしたいだけなんよ(キリッ)」って言う

これはキャラクターにもよるが、たはら的には結構使う機会は多く有用。

最初は半分冗談のつもりで「ピロートークがしたいだけ」と格好つけて言ってたけど、意外にも女の子からは、

女の子

それは分かる!なんか距離感縮まるよね!

と、真正面から受け取ってもらえる反応が多くてレギュラー入り。

 

実際にSEXに到るまでの経緯として、

「SEXはお互い真剣に仲良くなる(付き合うため)に大切なこと」という話をしているので、

SEXした後に仲良くなる感じを想像させるプラスの効果が大きい。

まとめ

以上、この5つが、部屋やラブホまで来た子にグダ崩しが通じなかった時、試すべき「ベッド上でのグダ崩しテクニック」の5つ。

この5つをあなたの手札に加えていると、いつか役立つ時が来るはず。

 

ただし、あくまで部屋なんかでグダられないことが大事で、通常、グダられたらそのグダを崩す「グダ崩し」トークで大体が崩れるもの。

以下の記事にそのようなトーク術をまとめているので、SEXまでが遠い人、女の子と何を話せば良いか分からない人は合わせて読んでみてほしい。

 

また、実際のたはらのアポ時の音声はYoutubeでも公開している。こちらも参考に↓

 

今回の記事で紹介した5つのテクニックは、あくまで最終手段。

しかし、その最終手段で状況が一変する、そんな奇跡はたはら自身何度も経験して来た。

あなたも、いつかのためにこの5つを頭の片隅に置いていれば、悶々としたまま女の子の隣で朝を迎えることも無くなるかも知れない…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。