禁酒日&禁酒時間のタイ風俗・夜遊び情報まとめ

この記事では、

タイナンパ &風俗ブロガーたはらタイの禁酒日の時、または禁酒時間中の夜遊び情報についてまとめていく。

 

多くの旅行者の方にとって、夜遊びとは切っても切り離せないタイ、そしてそんな夜遊びと切っても切り離せないのがお酒。

しかし、タイは日本と違い、禁酒時間&禁酒日が定められ24時間365日お酒が飲めるわけではない。

  • 禁酒日とは?禁酒日、禁酒時間はいつ?
  • 禁酒日のタイ風俗とクラブ等ナンパスポット

について在住者目線で情報をまとめていく。という方にオススメ。

この記事をおすすめする人

・タイ旅行で禁酒日が被ってしまった

・禁酒日のゴーゴーバーやカラオケってどうなの?という方

・禁酒日だけど遊びたい!禁酒日にタイの女の子と仲良くなれる方法を知りたい方

タイの風俗って何?どんな種類があるの?という方は以下の記事を参考に。

タイで遊べる風俗の種類について、バンコク在住者がまとめてみる【2019年版】

「禁酒時間」について

まずは禁酒日の話をする前に、毎日定められている「禁酒時間」について解説していく。

タイではお酒、アルコール類の販売時間が以下のように定められている。

  • 11:00~14:00
  • 17:00~24:00

この時間以外では禁酒時間帯となる。

 

しかし、あくまでこれは原則としての話。

実態としては完全にお酒が飲めないわけではなく、コンビニやスーパーマーケットでお酒を購入することができなくなるだけ。というのが現状。

  • 個人経営の商店
  • 屋台
  • バー

などでは24時を過ぎてもお酒が飲める。

ちょっとよく意味がわからないと思うが、要は、禁酒時間と言っても、コンビニやスーパーなどの大企業&販売履歴がレシートに残る場合のみお酒を売ってくれない。

セブンイレブンやローソン、TOP’S MARKETなどの、言うならばきちんとした企業の小売店では24時を1秒でも過ぎると買うことはできない。基本的にゆるいタイとはいえ、コンビニではかなり厳しく、たとえお金を積もうと、どれだけ交渉しようと売ってくれない。

ただし、レストランや屋台などの個人経営の店では売ってくれることが多い。「24時過ぎたから」と言ってビールを断られることはほとんど無い。

 

と、ルールがキチッとしている日本人からすると「ん?」と思うタイの禁酒時間。ゆるやかではあるものの、毎日お酒を買える時間が定められている。初めてタイに行かれる人は気をつけて欲しい。

※地元警察によってルールが異なり、例えばパタヤ、ウォーキングストリート内では、コンビニでも24時間お酒が買えたりもする。この辺りは指導によりけり。少なくともバンコクでは24時過ぎるとセブンイレブン等のコンビニではお酒は売ってくれない。

「禁酒時間」のタイ風俗、バー、クラブ

禁酒時間のゴーゴーバーやクラブなどの夜遊びスポットだが、禁酒時間とは言えオープンしている。24時ぴったりに「禁酒時間」を理由に閉まるバー、クラブはほぼ無い。24時過ぎてもこういったお店でお酒を飲むことは全然可能。

※禁酒時間とは関係なしに、バンコクのゴーゴーバーは深夜2時に閉まる店が多い。

また、クラブはRCAエリアは深夜2時、スクンビットエリアは朝4時に閉まる店が多い。この辺り時期やその時の警察や政府のノリ次第(マジ)なのではっきりとしたことは言えない。

むしろ日々の禁酒時間については、「24時過ぎるとコンビニやスーパーではお酒が買えないだけ」というのが実情。

「禁酒日」について

毎日の禁酒時間とは別に、タイでは禁酒日というのも設けられている。

禁酒日はタイの祝日、または選挙の投票日に当てられることがほとんど。一例として2019年の禁酒日は以下の通り。

  • 2月19日(火) マカブーチャ(万仏祭)
  • 3月17日(日) タイの選挙 【16日(土)18:00から禁酒予定】
  • 3月24日(日) タイの選挙 【23日(土)18:00から禁酒予定】
  • 5月18日(土) ウィサカブーチャ(仏誕節)
  • 5月20日(月) ウィサカブーチャ(仏誕節) 振替休日
  • 7月16日(火) アサラハブチャ(三宝祭)
  • 7月17日(水) カオパンサー(入安居)
  • 10月13日(日) ラマ9世記念日/オークパンサー(出安居)

引用)2019年タイにおける「禁酒日」のお知らせ(2019.2.22現在)/ H.I.S

「禁酒日」のタイ風俗、バー、クラブ

禁酒日の夜遊びは、厳しい。日々の禁酒時間では「コンビニやスーパーでお酒が買えないだけ」のような形でゆるやかなものだったが、禁酒日は甘くはない。お酒の提供がメインとなるゴーゴーバー、カラオケ、バービア等お酒を提供することがメインの店基本的に営業出来ない。

例えば、7月16日(火)の禁酒日の場合

→営業は15日(月)の23:59まで。日付が16日(火)に変わると閉店。

次の営業は禁酒日明け17日の0:00〜、もしくは20:00頃〜となる(17日の0時ぴったりに開けるお店もあれば、「2時間だけのためにわざわざ営業しない」と丸々休みにする店それぞれ)。

禁酒日のソイカウボーイはいつもと打って変わって真っ暗。

 

また禁酒日のナナプラザは入場禁止。マッサージパーラーへ連れて行くための客引き、トゥクトゥクドライバーが待っているだけだ。

※一部、警察と懇ろなゴーゴーバーはお酒を提供しないことを条件にオープンしている店もあるそうだが、事前にその情報を掴むのはほぼ不可能。。

 

逆に、禁酒日でも関係なく遊べる店は、マッサージ、マッサージパーラー。

(2019年禁酒日のマッサージパーラー、ポセイドン)

この辺りは特にお酒の提供がメインではなくあくまでマッサージ店なので通常営業。ただし、禁酒日は祝日で連休になっていることもあるので、女の子の数は比較的少ない傾向にある。さらに、上述した通りゴーゴーバーやカラオケが閉店しているので、夜遊び客がマッサージパーラーに流れていく。

つまり、女の子が少ないのに、お客さんが多いレッドオーシャン化が進んでしまうので、注意が必要だ。

 

また、禁酒日の営業で微妙なラインなのがテーメーカフェ。

禁酒日で閉まることも、空いていることもどちらもある。この辺りは「警察の指導次第」ということなので、ケースバイケース、タイミング次第としか言えないの。

2019年現在で言えば、禁酒日はテーメーカフェは閉まっていることが多い。

しかし、店自体は閉店していても、いつも店内に立っている女の子がテーメーカフェ前で客を待ち、それ目当てのお客さんで店の前は人が溢れてカオス状態。

この写真は、2019年3月の選挙時の夜22時ごろのテーメーカフェの様子だが、なんでもない道に男女が溢れているのは異様な光景。いつも店内で行われているような交渉が道端で行われる。

禁酒日で店が閉まっているのにわざわざ働いている子は、真面目なのか不真面目なのか、判断が難しい。。

 

また、禁酒日のクラブだが、もちろんお酒を提供する場なので、クローズしている。

ゴーゴーバー等と同様に、禁酒日前日の23時59分まで営業していて、禁酒日明けの深夜0時オープンの所が多いようだ。ただしやはり、前日、翌日共に営業時間が短いので客入りは若干悪い。あまりクラブナンパにも向いていない。

 

また補足すると、禁酒日にも

  1. 祝日による禁酒日のパターン
  2. 選挙による禁酒日のパターン

この2種類がある。

1の祝日の禁酒日のパターンは、上にあげた通りその日丸一日禁酒日。

例)2月19日の禁酒日では、19日の0:00〜23:59まで禁酒日でお酒が買えず、さらに翌0:00〜は日々の禁酒時間帯なので、次にお酒を帰るのは20日の11:00〜となる。

 

2の選挙による禁酒日のパターンでは禁酒の時間が異なり、「選挙の投票時間終了までが禁酒」となっている。ややこしいので例を挙げると、

例えば2019年の

  • 3月17日(日) タイの選挙 【16日(土)18:00から禁酒予定】

は選挙による禁酒日で、16日の18:00〜翌17日の18:00までが禁酒、そのあと18時以降はお酒も買える。夜のお店も通常通り空いている。

ただし、この選挙による禁酒日は、祝日による禁酒日より厳しい

→普段の祝日の禁酒日ではこそっとお酒を出してくれたり、売ってくれる個人のレストランでも、選挙による禁酒日の時は一切お酒を提供してくれなかった。

禁酒日のおすすめの遊び方

「禁酒日で開いているのは、マッサージ、マッサージパーラー」と書いたが、前述した通り、

「他の夜遊び店がやっていなくて流れてきた風俗難民達」が集まる上に、連休のため女の子が休んでいることが多いので女の子が少ない、つまりレッドオーシャン化してしまうので、決して禁酒日の遊び方でマッサージ、マッサージパーラーが良いわけではない。

では、禁酒日はどんな遊び方をすればいいのか?

それは正直、個人の交渉、これに尽きる。

理由:

  • 店が休みの子が多い
  • 祝日で暇
  • 休みだけどお金が楽に欲しい

こう言った理由で、普段はお店でしか会えないあの子とデートに行けたり、個人的な付き合いとして夜の子と仲良くなれる可能性がグッと上がる日でもある。

このような個人交渉の実例ややり方は以下の記事にまとめている。実際に「禁酒日に裏引きした事例」も載っているので参考にすると美味しい思いが出来るかもしれない。

note.mu

 

またTinderや出会い系サイトで素人やフリーランスの子にトライするというのもオススメ。禁酒日でももちろん素人の女の子とは遊べる。もしかしたら素人タイ人女性との良い出会いがあるかもしれない。特にThai cupidなどは、真剣に出会いを探している女の子が多いのも特徴。

登録自体は無料、1ヶ月も約3000円程度と、夜遊びより断然安く楽しめる。登録はこちらから↓

 

 

また、上記のThai cupidやTinderに関して、

「どうやって素人の子と仲良くなれば良いのかわからない」

「デートの約束の誘い方が分からない」

そう言った方のために、たはらがこれまでタイ人女性と仲良くなってきたテクニックを以下の記事にまとめている。禁酒日を機にタイ人の一般の女の子と仲良くなるのもおすすめしたい。

note.mu

禁酒時間、禁酒日のタイの夜遊びまとめ

ここまでタイの禁酒時間、禁酒日における風俗、クラブ情報などの夜遊びに関することをまとめてきた。

どうしても禁酒日は遊びづらく、禁酒日のタイミングでタイに旅行にきてしまった方は、非常に残念に思っているかもしれない。

しかし、禁酒日は禁酒日なりのお楽しみ方がある。禁酒日だからこそ、楽しめることもいくらでもある。たはら個人としては、ちょっと非日常があって楽しいとまで思っている。

特に、お店が休みで、それでもお金が欲しい子とはかなり個人的に繋がりやすい。単刀直入に言うと裏引きがかなり通る。ぜひ以下の裏引きケーススタディの記事を参考に、禁酒日を乗り越えて欲しい。

また、Tinderで素人の女の子とのデートを組むことはもちろん禁酒日でも可能。風俗がほぼ壊滅状態であれば、いっそのこと素人と遊んだ方が効率は良い。

以下の記事にたはらがこれまでタイのTinderで女の子と仲良くなってきたノウハウをまとめている。こちらも参考にして、是非この機に素人の女の子と楽しんでみてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。