ソイカウボーイのゴーゴーバー【クレイジーハウス (CRAZY HOUSE)】のレビュー

この記事では、

タイナンパ &風俗ブロガーたはらがタイ、バンコクにあるゴーゴーバー密集エリア、ソイカウボーイ全27店舗を回って1店舗ずつレビューしていく。

今回紹介するのは、ソイカウボーイを抜けた右手、正確にはスクンビットソイ23にあるクレイジーハウス(CRAZY HOUSE)

バカラと双璧をなす知名度を誇り、全裸店として日本人にもファンが多いこの店に平日の21時45頃入店。

結論、ちょっと調子ぶっこきすぎじゃね?と思う。個人的に。

また、タイの夜の女の子ともっと仲良くなりたい人、あわよくば個人的な関係になりたい人へのヒントをまとめたのこの記事も併せて読むと、もっとゴーゴーバーが楽しめます。

note.mu

クレイジーハウスの店内設備、雰囲気、客数

まず入店する前に驚いたのが、「入場料100B」の制度。ドリンク代とは別に、ただゴーゴーバーに入るだけで100B徴収される。いや、ゴーゴーバー風情で入場料って(笑)

まあ仕方ないやと思って100Bを払い入店すると、店内はさすがの活気。1階の席には溢れんばかりの人がエロそうな顔をしていた。実際、空いている席はなく1人で来ていた白人客に相席させてもらった。

目視できる限りでもお客さんは30組ほど。白人系4割、アジア系6割ぐらい。人が多すぎて正確に数えることができなかったがかなりの割合で女の子を席に付けていた。

8の字型のステージの周囲には丸テーブルのカウンター席、そしてその周囲にも通路が埋まるほどの席があるのに満席。活気はすごい。2階にも20組ぐらいのお客さん。

入場料100Bに苦い顔をしているのは自分だけなのか?それぐらい人が溢れ、ひっきりなしに新しいお客さんも入ってくる。うーん。なんでだろう。

ただ確かに、全裸店なので、全裸の女の子が普通に店の中をうろちょろ歩いていたり、エレベーターに乗ってくる光景はまさにクレイジー。魅力の一つであることは間違いない。

ちなみに22時から風船を割るだけの謎のショーが始まりよく意味がわからなかった。

あとクレイジーハウスはスマホを触ることにやたら厳しい。スマホをテーブルの上に出してるだけですら、めっちゃ怒ってくる。

また、1杯目のドリンクが半分残っている状態でドリンクの催促が来たので「まだ残ってる」と2杯目を断ると「5分以内に出ろ」って言われた。やっぱりクソじゃないですか?

 

トイレは割りとキレイ。勝手に肩を揉んでくるチップ目当てのジジイがいるので注意。特別何かサービスをしてもらわない限りチップは払う必要はない。

 

クレイジーハウスの女の子の数、特徴、衣装

さすが有名店と言ったところか、可愛い子はそこそこ多い。というか、お客さんに負けないほど女の子の数が多い。

1階の女の子はステージ上だけでも20人ぐらい。正直、混み合い過ぎて数えられなかった。2階もお客さん20組、女の子もステージ上だけでも15人ほど。

ただクオリティの面では、じっくり見てみると玉石混合というか、ギャルっぽくて可愛い子や、黒髪の美人もいるが、平均レベルで言えば大したことないと思う。店の中は照明が暗く、なんとなく良く見えるけど、まあ冷静になってみれば、そこまで言うほどでもないって感じ。

ただ、店内の混み具合も助けてか、女の子からかなり営業をかけてもらえる。しかもそのほとんどが全裸だからものすごい光景。1人で座っていても、「ハロー」と次から次に女の子がやってくる。この辺りはシャイな日本人にとってありがたいだろう。

 

目の前で全裸の女の子が踊り、全裸の子がうろちょろ歩いてハローと言ってくれるのはまさにクレージーな世界。この光景はこの店でしか味わえない。

クレイジーハウスのおすすめ嬢

121番:モデル体型、細くて顔も長めだけど強めのギャルって感じで好み。

 

36番:目が大きい。かわいい系が好きな人にはこの子。

 

64番:肌が白く、中華の血が入ってそう。日本でもデビューしたタイ人歌手のMay(ศิตาภา อรรถบุรานนท์)にそっくり。

※スマホを触ることに厳しいので、店内で記憶して、すぐにメモを取らないといけないのでなかなかおすすめ嬢をあげるのは厳しい。

かろうじて覚えていた3人を挙げた。他にももちろんたくさん可愛い子はいるので、悪しからず。

クレイジーハウスの料金

ビール:170B

 

ソフトドリンク:170B

 

レディースドリンク170B

 

※別途入場料100Bがかかります。

ただ、入場料を取られる時と取られない時があるらしく、この辺りの基準は分からない。

たはらが行った平日の22時前はがっつり取られて、払わないと入店できなかった。

クレイジーハウスのレビュー&ランキング

クレイジーハウスは長らく日本人の間で有名であり、人気であり、ファンが多いのもよく分かる。しかし、2019年6月に行った個人的に感想としては、「調子乗りすぎじゃね?」と思った次第。

やっぱり、いくら有名店とはいえ、ドリンクとはまた別に入場料100Bって。笑

2杯目のドリンク断ったら「5分以内に出て行け」って言われたり、スマホをテーブルの上に出していただけで鬼の首取ったかのように注意されるし、店員も女の子もやたら上から目線。

しかし、それでもお客さんは途切れることなく店内は大盛況。うーん、よく分からない。特に日本人はめちゃくちゃ多い。

 

女の子は可愛い子そこそこ多いけど玉石混交で、「そこまで言うほどでもない」ぐらいのレベルだし、正直、全裸って逆に興奮しない。まあ良さといえば、店内の全裸の女の子がノリノリで、座っていても女の子側からガンガン営業かけてくれるぐらい?

いずれにせよ、そこまで殿様営業できるほどでは無いかなと思う。調子ぶっこきすぎでしょ。これをありがたがる意味が分からない。

ただソイカウボーイ内には他にもっとクソみたいな店あるからランキングで言うと上位になってしまう。。くやしい。

たはら的ランキング:7位/25位(女の子店)

 

タイの夜の女の子ともっと仲良くなりたい人、あわよくば個人的な関係になりたい人へのヒントをまとめたのこの記事も併せて読むと、もっとゴーゴーバーが楽しめます。

note.mu

 

風俗の次は素人タイ人女子と遊べるともっと夢が広がります。そのためにはTinderがオススメ。

対タイ人向けTinderの教科書を読むと、タイでモテるプロフィール作成から、メッセージ戦略、SEXを近づけるアポのとり方までタイのネトナンの全てが分かります。

たはらが70人近いタイ人素人をGETしたTinderのノウハウをまとめています。

note.mu

 

【ソイカウボーイのゴーゴーバー全27店舗ランキング】

ソイカウボーイのゴーゴーバー全27店舗ランキング【全店舗のレビュー付き】

【ソイカウボーイのゴーゴーバー全27店舗個別レビュー】

▼入り口(ソイ21側)右手

ローハイド
クレイジーキャット
ラッキースターロングガン
トイバー
カクタス
カウボーイ2
スパイスガールズ
スージーウォン
ジャングルジムズ
ムーンシャイン ジョイント
サハラ
コカトゥー※レディボーイ店
リオ
コージーカジー

▼ソイカウボーイ外(ソイ23内)
クレイジーハウス

▼入り口(ソイ21側)左手
ファイブスター
デジャブ
ティーラック
キス
ライトハウス
アフタースクール
ファニーズ
ドールハウス
シャドウ※レディボーイ店
ミッドナイト
シャーク
バカラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。