タイのレディボーイについて、レディボーイナンパ師たはらが真剣にまとめてみる

 

新サイト「世界でなかよし」オープン1本目の記事だが、今回は「レディボーイに教えてもらったこと」というタイトルでちょっと書いてみたいと思う。

新サイトオープンのコンセプトとしては、「世界のナンパ」「世界の風俗」「世界のレディボーイ」

この内前2つ「世界のナンパ」「世界の風俗」については、過去にも魅力をみなさんにお伝えしてきた自負があるが、しかし。たはら(@tahataha4646)の中ではLBの魅力はまだ伝えきれていないという不安感が大きい。

LBの肉便器を名乗っているたはらとしてはまだまだ仕事をさせてもらっていない。

そこで今回は、LBに興味がない人に、LBに興味を持ってもらい、LBに興味がある人はLBを好きになってもらいたい、そういった試みでこの記事を「世界でなかよし」第1弾の記事にしたいと思う。

 

たはらの感覚では、皆さんのLBに対するスタンスは、
1.絶対無理
2.興味はあるけど未体験
3.経験済み。好き。

この3タイプに分類されると思う。この記事では1のあなたを2に、2のあなたを3にすべく書いていく。先日、レディボーイの大家ポンコシ師匠(@alienponkoshi )と再会を果たし、

参考 LB狂たちのオフ会再び。タイちんこ同好会、おかまを求めて彷徨いましたwポンコシのエロブログ

 

LB界(そんな界があるのかは知りませんが)を盛り上げていこうと決意を新たにしたたはらにとって、渾身のレディーボーイ記事を書いていきたい。「散切り頭を叩いてみれば文明開化の音がする」なんて歌が江戸から明治に時代が変わった時の日本で大流行したそうだが、平成が終わりゆく今、おそらく「LBのチンコを舐めてみれば文明開化の味がする」と言った流行歌が世間で歌われるだろう。

レディボーイの具体的なナンパ方法についてはこの記事を参考に。

global-nakayoshi.com

タイでモデル級レディボーイを抱きたい、そのためにもタイ語を少しでも話したい!と思う方はこの勉強法を試してほしい。タイ語が話せるだけでレディボーイからの食付きはかなり上がります。

note.mu

タイとレディボーイ

タイはニューハーフの世界的なミスコンが行われたり、性転換手術が世界一行われていたり、レディボーイ、ニューハーフ界の中心であり、本場だ。街を歩けば、つい振り返ってしまうような美人レディボーイが街を歩いている。

性同一障害(便宜上こう表現しています)は2万人に1人とも、5000人に1人とも、3800人に1人とも言われているが、滞在的に(≒遺伝子的に)性同一性障害の人口比は世界同一の比率であるそうだ。

なので、別にタイも日本も滞在的人数は変わらないものの、性に寛容(少なくとも日本よりかは)なタイでは、文化的、社会的に受け入れる土壌が違う。

 

たはらは一度セックスしたレディボーイ達には必ず「ぺんがとぅーい たんてーむあらいかっぷ??(いつからLBなの?)と尋ねる。そう聞くと、タイのレディボーイ達は、ほぼ100%「たんてーぐーっ(生まれた時から)という回答が返ってくる。

 

「思春期で自分の性の違和感に気づく」日本に比べ、「思春期を女として過ごす」タイのほうが、そりゃレベルが高い。どこかオカマ感(※ここではテレビタレント的なおもしろ系という意味で使っています)の強い日本のニューハーフ、レディボーイよりも、女性度は高い。それは心の意味でも、体の意味でも。

そんなタイ・バンコクをたはらは、「LBのメジャーリーグ、MLB」と名付けた。それくらい質と量で圧倒している。そんなレディボーイ達を社会は受け入れ、女性と扱う。戸籍上等、性別上等の世界。タイでは美しさにチンコの有無は関係ないのだ。

 

レディボーイとのセックス

冒頭でも触れたが、みなさんのレディーボーイへの印象として、たはらの中では以下の3パターンに分けられると思う。

1.絶対無理
2.興味あるけど未体験
3.経験済み、好き。

この中なら、圧倒的に2番が多い気がする。そういう人はもう既にレディボーイとセックスしているようなもので、そういった「レディボーイを美人と思っている」人にいつも伝えているのは、「最初はマグロで良いし、手コキだけでも良いからトライしてみよう」と。

あなたにとっては初めてかも知れないし、「新たな扉」と大きな気負いがあるかもしれないが、実際、相手からしたら男との経験は何度もあるだろうし、相手のなすがままにされれば大丈夫。

あなたは処女の女の子との経験があるだろうか?どの世界に「床上手な処女」がいるだろうか?余計な心配はしなくてよい。なされるがままにされていい。マグロでいい。

たはらの場合、あれよあれよという間に誘導され、LBのチンコをたはらのアナルにあてがわれることもあるけど、そこはマイペンライ。盛り上がっていたらそれさえも許してしまいそうになる。まさにレディボーイの肉便器。

 

レディボーイの魅力は?とよく聞かれるけど、たはらはレディボーイにしか無い魅力を、「圧倒的性的錯誤感」と呼んでいる。

女の子でも、真面目そうな子がエロかったり、ドSに見える子がドMだったり、そういうギャップにキュンとくることはないだろうか。レディボーイの場合もそれと一緒で、「こんなに美しいのに、チンコついている」みたいな。いわば究極のギャップ萌えだ。

タイ関連のつまらないブログで「美人な子をホテルに連れ帰ったら実はレディボーイだった」みたいな糞つまらないことを書いてオチにしている記事をよく見るけど、たはらからすればそれは全然オチてもないし、「美人」って思っているなら抱けよ。と思う。

そういう人の中には、「でも、男じゃん。偽物じゃん!」なんていう人もいるかもしれない。ただ、偽物を偽物だと切り捨てるのは簡単だけど、俺は造花も花だと思って愛でられる人になりたい。

 

かく言うたはらも1年前はレディボーイ童貞

今ではレディボーイの肉便器を名乗っているたはらも、レディボーイとの初体験はタイに来てからなので今から1年ほど前の話。たはらのLBとの初体験はこの記事にまとめている。

global-nakayoshi.com

 

日本の平均初体験年齢が18,7歳というデータがあるので(ソース(相模ゴム工業株式会社))、一般的に女の子は18歳で初めてフェラを経験すると仮定することができる。

そう考えると去年初めてレディボーイとセックスをしフェラをしたたはら(@tahataha4646)は、19歳、大学1年生の女の子と同じフェラテクを持っていると言える。

タイに来てレディボーイと体験すると、ベタにバナナとかソーセージ食べるときに意識しちゃう。俺でも意識しちゃうんだから、女の子もきっと意識しているはず。1年前より、こんなに視野が広がった。選択肢が増えた。

 

今となっては、躊躇なくレディボーイのチンコ写メの要求に応じ、なんならビューティープラスで美しく加工して自分のチンコの写メを送り食いつきを上げている。


また、今となっては、両親の結婚記念日にレディボーイにチンコをあてがわれている。

(両親には内緒でお願いします)

この時たはらはこのレディボーイの子に髪を乾かしてもらった。ドライヤー史上、一番暖かく感じた。

レディボーイとSEXして初めて分かる女性の素晴らしさ

レディボーイという強力な選択肢が加わったたはらだが、まず勘違いしてほしくないことは、「レディボーイのみを抱け」というのが自分の主張ではないこと。

これとは全く逆で、「レディボーイを抱くことで女性の良さを深く知ることができる。」ということを皆さんに伝えたい。

 

華奢な肩幅、高い声、ナチュラルな乳房、柔らかい肌感、膣の濡れる喜び。

レディボーイを抱くことによって、より一層女性のありがたみを感じることができる。精巧な贋作があって初めて本物の美しさが際立つのだ。

これはあるあるネタだが、レディボーイとSEXしたあとに、女性に挿入すると、リアルなテンションで「あ、、、あったかい!!!!!!」って感動できる。このように、きちんと女性に帰ってこれるどころか、女性の良さがより一層際立つのだ。

例えば田舎街A町に生まれ、A町から一度も出たこと無い人間が、B町からやってきた人に、A町の良さを誇らしげに語っていたら、もうそれはお笑い草だろう。

A町の良さはA町を出たときに初めて分かる。たはらも日本から出て初めて日本の良さにたくさん気づいたように、自分の外の世界を見て初めて外の良さにも気づくし、逆に自分がいた世界の良さにも気づく。

A町から一歩も出ず、A町が最高だ!と言いながら死んでいければそれはそれで幸せだが、残念ながら世界の移動がほぼ自由になった現代で、A町だけで生きていくのは不可能だし、いくら井の中の蛙でいようとしたって実際本当に井の中だけしか見ないのは現実、無理な話だと思う。

つまりは、女しか抱いたことのない男が女の良さを語るな。と、高らかに宣戦布告したい。

ネットに蔓延る「『レディボーイは危険』思想の危険性」

レディボーイの抱きつきスリのニュースがあったり、ハイヒールで殴られたり、と何かとニュースになりやすいレディボーイ関連のトラブル。


過去の記事でも書いてきたが、事実レディボーイにはこのような考え方を元に悪いことをする子も多い。

「私達は神・仏が間違って(誤った性に)作った存在。だから何をしたって神・仏に許される」

もちろん、中にはこのような免罪符を盾に、「自分たちは悪いことをしたって許される」と思ってめちゃくちゃやっている子もいるそうだ(レディボーイ談)。

ただ、そもそもタイにはレディボーイが多いと上記のテーマでも書いてきたように、そう見ればそう見えるというか、いわゆる自分が意識していることほど、それに関係する情報が自分のところに舞い込んでくるカラーバス効果というやつ。

レディーボーイとのトラブルは、そういううがった見方をしているから起こるわけで、はっきり言って危ないと結論付けている人は全く持って理解と経験が無い雑魚です。糞です。早く死ね。

1人の女性としてまともに向き合えば、レディボーイが危ない、なんて言えないし、そうやって真正面から見る心無い態度をとっているから逆にそういう態度を取られるだけ。糞ザコ。そんな意見がネットには蔓延り、余計レディボーイへの偏見が強まることは双方にとって良くない。レディーボーイの肉便器として、ここできちんと断罪しておこう。

まとめ:あなたの背中を押すたはらの一言

1年前、たはらはタイへ移住し、1週間後にレディボーイを抱いた。

バンコクの大学に通うレディボーイが、ルームメイトがいない隙に、、ということで家に誘われた。背徳感。自分よりチンコがデカかったし、複雑な気持ちになった。SEX後はいつも以上に賢者モードが深かったし、色々と葛藤しながら扉を開けた。

あの頃、複雑な気持ちになったウブなたはらも、いまではレディボーイと分かって近づいて、「ソーリー、アイ アム レディーボーイ」っていう告白のシーンで、ちょっと驚いた顔して見せる演技力も身につけたし、

アナルファックにピッタリのジェルも見つけた。シリコンじゃなくて、たまに女性ホルモンだけでおっぱい結構膨らんでいることかいたらめっちゃ当たりくじ引いたって気持ちになったり、

よくタイであるニューハーフショーをいやらしい目でみたりもしている。

そもそもおそらく、ここまで肯定的な目線でレディボーイ、ニューハーフを捉えた記事はまだあまり世に出ていないのではなかろうか。

たはらはトマトが食べられないのだが、トマトの美味しさを5000字に渡って伝えられたら一口くらいは食べてみようと思う。

実際、そんなに大きな扉でもないし、きちんと帰ってこれる。例えば、男とやれとか、獣姦をしろとかそういう提案に比べて、だいぶ歩み寄った大人な人生をより豊かにする選択肢を提案をしていると思う。キリストも言っている、人の痛みを知れ、と。これはたはらが解釈すると、「チンコをあてがわれたことのない人が、どうして女の子にチンコをあてがうことができよう。(いやできない)」こういう解釈ができる。

とりあえず、よくこの理屈が理解出来なくても、タイ・バンコクへの航空券を予約して、今すぐ2000バーツとコンドームを握りしめてバンコク・スクンビット通りに繰り出せ。

人生をより豊かにする選択肢が加わるのは、今かもしれない。

レディーボーイに関して不安なこと、ご意見、ご感想はたはらまで。コメント欄にもどうぞ。

素晴らしいレディーボーイライフを。

 

バンコクのホテル予約はagodaから↓↓

www.agoda.com

タイでレディーボーイと遊びたい方必見!タイ語を少しでも話したい!と思う方はこの勉強法を試してほしい。タイ語が話せるだけでレディボーイからの食付きは200%上がります。

note.mu

◎タイ・バンコクでのレディボーイのナンパ方法についてはこちら

bangkoknanpa.hatenablog.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です