タイで日本人はモテる?その理由と実態についてバンコク在住ナンパ師が迫る

この記事では、

「タイで日本人はモテるか?」というテーマで、タイでのモテを日々考えるタイ在住ブロガーたはら(@tahataha4646が書いていく。

ぼんやりとした希望的な「日本人はモテます」「白いからモテます」的な浅い内容ではなく、

・データで見る、タイの日本への好感度

 

・タイで出会った一般日本人男性のモテの例

 

・日本から来たナンパ師の声、自らタイでナンパをしてきた結果

上記の経験から、タイは日本人がモテる国なのか?その理由は何なのか?についてを具体的に説明していきたい。

 

タイナンパブロガーとして人並み以上にタイ人女性と接し、モテを考えてきたたはらの集大成として、「タイで日本人はモテるのか?」というシンプルな問いに答えていきたい。

注意
この記事で挙げるタイ人女性とは、タイで働く風俗嬢ではありません。

たはらやたはら周辺の人が接してきたバンコクの素人タイ人女性を念頭においております。

タイに住んでビビる日本人のモテ体験談

タイにおいて「日本人のモテ」を考えると、かなりアメージングな話をよく耳にする。

まずは、タイに住んで知った「日本人のモテ」を実例を<ナンパでの例>、<ナンパ以外の一般の例>紹介していこう。

ナンパでのモテの例

タイはナンパの反応が非常に良い。

「ナンパでの反応が良い=モテる」とは安易に結論付けられないものの、少なくとも、声かけのオープン率だけで見ると日本とケタ違い。ナンパはかなりしやすい。この「反応の良さ」は、遠征にやってきた多くの日本人ナンパ師も口を揃える。

実際、ストリートでもクラブでも話しかけても日本のように無視されることは滅多に無いし、Tinderのマッチ率はかなり高い。

日本ではブーストをかけても数人ぐらいの人でも、タイに来ると100人近くマッチする例もよくある話。


参考)タイ・バンコクのストナン、クラブナンパ、ネトナンをタイナンパ師が概観する

 

また、たはらが2018年に主催した「童貞タイナンパ挑戦企画」では日本で童貞だった7人がタイに集まり、その内5人がタイナンパで童貞を卒業。

童貞タイナンパ挑戦企画③~結果まとめ&参加者の声

20年〜30年以上童貞に悩んでいた童貞達が、タイに来るとたったの数日間で童貞を卒業していった。

中には英語がほとんど話せない童貞の参加者の方もいたが、

「日本では全く女性に相手にされなかったし、女性と話す自信すらなかった」

「タイでは英語すら通じない状態でも、タイの女の子は話をよく聞いてくれた」

とタイ人の反応の良さ、ウェルカムさに感動する声を寄せてくれた。

ナンパ以外の一般のモテの例

ナンパの例だけではなく、「普通の日本人男子」のタイでのモテの例を挙げていきたい。個人的には、普通の日本人のタイでのモテ話の方が驚かされる。

たはらがタイに住むまでは、いくら日本人がモテると言っても、

・タイにいる日本人=風俗好き

 

・タイにいる日本人のモテ=風俗嬢にモテているだけ

→つまり、「お金目当てにされているだけ」

そんな風に思っていた。今読んでいるあなたも、そう言ったイメージを少なからず持っているのではないだろうか?

 

しかし、住んでみると意外にもそうじゃない事実に直面する。普通の日本人が普通のタイ人にモテる。なんていうか、タイではモテがバグってる。

実例を挙げてみよう。

・「あー、このおじさん絶対一生独身だろうな」と思ってた、太った日本人の現地採用のおっさんがモデルクラスのタイ人女性と結婚していた

 

・根暗な理系男子がMRT(地下鉄)でタイ人に逆ナンされる

 

・仕事関係等で出会った冴えないおじさんが、出会い系で出会ったタイ人のセフレを複数人抱えている

 

・日系企業で働いているが、職場のタイ人女性3人から本気で求婚されて困っている

 

・日本では一切モテなかったが、タイではタイ人女性に惚れられて、コンドミニアムまで押しかけられる

こんなアメージングな現象をよく目にしたり耳にする。タイに住む方なら、一度は同様の話を周囲から聞いたことがあると思う。

 

また、ナンパでの例でも触れたが、身近な一般男性のモテの事実としては、Tinderでのマッチ数が挙げられる。

タイでのTinderのマッチ数は、日本と比べておおよそ5倍〜10倍にも増える。タイではマッチが爆増する。日本ではマッチすらしない人でも、タイに位置情報を変更すると急激にマッチが増える。

つまり、「日本では女性との会話にすら進めなかったような人でも、自分が選ぶ側になれる」ということが起こっているのだ。

参考)

【タイのネトナン入門】タイ在住ナンパ師が選ぶ、タイで出会える出会い系アプリ&マッチングアプリ5選

たはらが行なっていたTinder代行サービスを依頼頂いた方や、ご相談頂いた方の中には、40代の方、もっと言うと50代に近い年齢の方もおり、その方々からゲット報告も受けている。

実際にお会いしてナンパ指導やメッセージ等のアドバイスをした方でゲットされた方も、

「タイってすごいところですね」

「世界にはこんなことがあるんですね」

と口を揃えてタイでのアメージングなモテ体験に感動していた。

少なくとも、タイに来て日本よりモテなくなった、という日本人男性には会ったことがない。

日本人がモテやすい理由

これまで挙げてきた「モテがバグってアメージングな体験をしてきた日本人」の例は、たはらが実際に体験したことや、直接見聞きした紛れもない事実なのだが、まだまだ信じられない人もいるだろう。

・そんな都合の良い事実だけ集めるな

 

・ナンパがそんな簡単に成功するわけないだろ?

 

・そんな奇跡がなんで起こるんだよ?

こんな疑問が湧いているかも知れない。

ここからは少しでも納得してもらえるように、日本人男性のモテやすい理由を挙げていこう。

タイにおける「日本」という国の好感度、親日度が高い

「タイは親日国」

というのは、あなたも腐るほど聞いたことがあると思うが、実際、タイに住んでいると、特にバンコクに住んでいると「日本」の存在は非常に大きく感じる。

街の至る所で日本語の看板を見かけ、大型のショッピングセンターには日本食屋が必ず出店し、スーパーやコンビニでも日本の物は簡単に手に入る。

アソークなどのバンコク都心部では、スーツ姿の日本人サラリーマンを日常的に目にし、日本語を日常的に耳にすることも多い。おそらく、「日本」がここまで身近にある国はなかなか知らない。

 

タイに住む日本人は現在7万人を超える。(参照:タイ基礎データ/外務省

これは、国境を接するミャンマー、カンボジア、ラオス、そして中国、イギリスに次ぐ上位。

Demographics of Thailand/Wikipedia)

他のデータを参考に挙げると、

さらに、好感度調査でも、

  • タイにとって信頼できる国:1位 日本
  • 行きたい旅行先:1位 日本
  • 好きな外国料理:1位 日本

ポジティブなデータを挙げるとキリがない。

どの面を見てもタイにとって「日本」という国の好感度は非常に高く、タイが親日国、友好国であることは明らかだろう。

美の基準が異なる

国が違えば、大きく美の基準が異なり、当然、好かれるタイプも違う。

たはらが数人のタイ人女性に「タイで一番有名な俳優は誰か?」と聞いたところ多く名前が挙がったのが、ナデート・クギミヤ(ณเดชน์ คูกิมิยะ)

 

 

…うーん、カッコ良いか?w

ただ、それでもナデート・クギミヤはタイ人に圧倒的支持を受けている国民的俳優。

タイで1番有名な俳優は誰か、と聞くと多くのタイ人が口を揃えてナデート・クギミヤの名を挙げた。タイ人女性にとっては、このルックスが良いのだろう。

美の基準、カッコ良いの基準は国が違えば分からないものだ。

 

また、一概には言えないが、タイでは白いことがルックス評価の基準になることが多い。

日本人=進んだ国

 

進んだ国=白い

 

白い=カッコいい

 

よって日本人=カッコいい

というマジカルバナナ的な四段論法で、日本人はルックスの一次審査を免除されることがある。日本人というだけでOKという場合もある。

実際、タイ人も美意識が高く、都市部の若い女性は特に十分肌が白い。実質、肌の色は日本人とあまり変わらないのだが、上に挙げたようなイメージ先行でなぜか日本人は「白い」とされる。

こちらの記事に詳しく書いているが、少なくとも日本でモテてこなかった人にとっても、別の美の基準を持つ国に行けばチャンスはあるのかもしれない。

タイ人男性がライバルとしてショボい

こう書くとかなり挑発的にに映るかもしれないが、ぶっちゃけ、タイ人男性の平均的ルックスレベルはかなり低い。

と言うのは、顔の作りやパーツの美醜云々でなく、タイ人男性全体として、清潔感が欠けた男が多すぎるということ。少なくとも、日本人に比べてタイ人男性の見た目への意識は圧倒的な差がある。

・無精ヒゲ

 

・鼻毛ボーボー

 

・服装も適当

 

・人前で鼻ほじる

 

・トイレで手を洗わない

 

・爪噛む etc…

タイに来たことがある人はイメージできるだろう。

タイ人女性のオシャレや美意識は日本人女性と変わらないほど洗練されているのに、タイ人男性はダサい。

「少し身だしなみ整えるだけで大分モテ具合が変わってくるのに…」と言えるレベルの清潔感の無いルックスのタイ人男性が多すぎる。むしろ、オシャレに気を使うと、否応が無しに「ゲイ」とレッテルを貼られる。たはら自身タイで何度も言われてきた。

(※もちろんイケメンタイ人もたくさんいます。ただ全体として少なくとも日本人よりルックスへの意識が低すぎる、という話です。)

 

その上、性格面でのタイ人男性のステレオタイプは

・仕事をしない

 

・怠け者

 

・女性にだらしがない

など、ネガティブな評価がやたら多い。

 

まとめると、

🇹🇭【見た目においても清潔感に欠けて、汚く、性格でも怠け者で女好きのタイ人】

に比べ、

🇯🇵【気にしすぎるぐらい見た目を気にしていて、真面目で誠実な日本人】

 

タイ人女性にとって、日本人が良く映るのはおかしな話ではないだろう。

お金的、経済的な理由

「モテる理由」として「お金」を挙げるのは賛否あるかも知れないが、事実として、日本人の所得はタイ人の約3倍。タイ経済は急速に成長しているとは言えども、まだまだ日本と大きな経済差がある。

そんなタイ人から見て、「日本人と付き合い結婚すれば玉の輿」そう言った憧れを持つ女の子も一定数はいるのだろう。

 

ただ、これは風俗嬢などプロに多い話なのかな、と個人的には思っている。タイ人女性と日常的に接していると、むしろ日本人女性の方がお金にめざとく、したたかで現実的のように映る。

このツイートに挙げたように、タイは女性中心社会。オフィスには男性より女性の方が多く、大事なポストにも女性が多い。男性中心の日本の会社と真逆。

分かりやすい例を挙げると、「主たる家計支持者が女性」という割合は、タイでは50%超え。調査国中でぶっちぎりの1位。日本はというと、わずか5%

 

このデータからも明らかだが、自分の経験を通しても、一般のタイ人女性は「自分が支える」メンタルが強く、日本人女性よりも結婚相手、交際相手及び恋愛対象へ対して「お金」ファクターの優先順位は低く感じる。

多くの日本人女性のように、「男性に支えてもらおう」「養ってもらおう」という意識は、特にバンコクに住むタイ人女性にとってかなり薄い。

 

とは言え、話を戻すと、タイでは外国人の国籍により最低賃金が定まっており、

>日本人男性の最低賃金は月5万バーツ以上(※正規Bビザの発給及び継続条件)

 

一方、こちらのサイトによると、タイ人の平均月収は以下が目安。

>外資(日系)企業に勤めるタイ人大卒者で、平均月収15000B〜30000B

 

単純な金額だけの比較として、日本人が正規のビザを取りタイで働いていれば、最低でも月5万バーツ以上の収入があり、タイではかなりの高収入の部類に入る。それくらい経済的なステータスがあるのも事実だろう。

一般的に、タイ人にとって普通の日本人が「お金持ち」に映るのは間違ってはいないのかもしれない。

タイでの日本人のモテまとめ

ここまで長々と「タイで日本人はモテるか?」という一言の質問に対して、その回答を書いて来た。

まとめると、

・タイでは「普通の日本人」がめちゃくちゃモテる体験談をかなりの数見聞きする。

 

・全員にとって「タイで日本人はモテる!」とは言えないものの、少なくとも日本よりモテなくなったという人はいない。

ということが「タイで日本人がモテる事実」としてあり、その理由としては、

・日本という国の印象が良い
・「格好良さ」の基準が違う
・タイ人男性がダサい
・(タイ人男性と比較して)お金持ち

このようなことが挙げられる。

 

つまり、一概に「タイにくれば絶対にモテる」と断定的に言うことはできないが、事実としてこの記事に挙げたようなアメージングな体験が揃っているし、タイに来るだけでアメージングなことが来る可能性は十分にある。

あとは実際に自分の目で見て、肌で体験して実感する以外は無い。

タイでもっとモテるためのロードマップは、当サイトにまとめてある。

是非、タイでのモテをあなたも実感してほしい。良くも悪くも、タイで人生がバグる人は多い。


タイ人と本気で出会いたい、そんなあなたにはネトナンがオススメ。

ただ、ネトナンはハードルが低い分、かなり競合が多い。少しでも優位に出会うためには、対タイ人のきちんとしたやり方を学ぶと差別化できる。

ぜひ対タイ人向けのやり方を学び、タイ人素人ゲットをネトナンで叶えてほしい。

note.mu

 

タイ語が話せるだけで、タイ人女性からの食いつきはグッと上がります。

「今はまだタイ語が全く話せないけど、話してみたい」そんな方には以下の勉強法がオススメ。

note.mu

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。